WPF MSBuild タスク リファレンスWPF MSBuild Task Reference

Windows Presentation Foundation (WPF) のビルド プロセスは、マークアップのコンパイルやリソースのプロセスを含む追加のビルド タスクのセットで Microsoft ビルド エンジン (MSBuild) を拡張します。The Windows Presentation Foundation (WPF) build process extends Microsoft build engine (MSBuild) with an additional set of build tasks, including tasks to compile markup and process resources.

このセクションの内容In This Section

FileClassifierFileClassifier
ソース リソースのセットをアセンブリに埋め込まれるリソースとして分類します。Classifies a set of source resources as those that will be embedded into an assembly. ローカライズできないリソースは、メイン アプリケーション アセンブリに埋め込まれます。ローカライズ可能なリソースは、サテライト アセンブリに埋め込まれます。If a resource is not localizable, it is embedded into the main application assembly; otherwise, it is embedded into a satellite assembly.

GenerateTemporaryTargetAssemblyGenerateTemporaryTargetAssembly
プロジェクト内の少なくとも 1 つの Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) ページが、そのプロジェクトでローカルに宣言されている型を参照している場合に、アセンブリを生成します。Generates an assembly if at least one Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) page in a project references a type that is declared locally in that project. 生成されたアセンブリは、ビルド処理が完了した後、またはビルド処理が失敗した場合に削除されます。The generated assembly is removed after the build process is completed, or if the build process fails.

GetWinFXPathGetWinFXPath
現在の Microsoft .NET FrameworkMicrosoft .NET Framework ランタイムのディレクトリを返します。Returns the directory of the current Microsoft .NET FrameworkMicrosoft .NET Framework runtime.

MarkupCompilePass1MarkupCompilePass1
ローカライズできない Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) プロジェクト ファイルをコンパイルされたバイナリ形式に変換します。Converts non-localizable Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) project files to compiled binary format.

MarkupCompilePass2MarkupCompilePass2
同じプロジェクト内で型を参照する Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) ファイルの 2 回目のマークアップのコンパイルを実行します。Performs second-pass markup compilation on Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) files that reference types in the same project.

MergeLocalizationDirectivesMergeLocalizationDirectives
1 つ以上の XAMLXAML バイナリ形式ファイルのローカリゼーション属性とコメントを、アセンブリ全体で単一のファイルにマージします。Merges the localization attributes and comments of one or more XAMLXAML binary format files into a single file for the whole assembly.

ResourcesGeneratorResourcesGenerator
1 つ以上のリソース (.jpg、.ico、.bmp、バイナリ形式の XAMLXAML、その他の種類の拡張子) を .resources ファイルに埋め込みます。Embeds one or more resources (.jpg, .ico, .bmp, XAMLXAML in binary format, and other extension types) into a .resources file.

UidManagerUidManager
ソース XAMLXAML ファイルに含まれるすべての Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) 要素をローカライズするために、一意識別子 (UID) をチェック、更新、または削除します。Checks, updates, or removes unique identifiers (UIDs), in order to localize all Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) elements that are included in the source XAMLXAML files.

UpdateManifestForBrowserApplicationUpdateManifestForBrowserApplication
XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser application (XBAP) プロジェクトのビルド時に <hostInBrowser /> 要素をアプリケーション マニフェスト (プロジェクト名.exe.manifest) に追加します。Adds the <hostInBrowser /> element to the application manifest (projectname.exe.manifest) when a XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser application (XBAP) project is built.

参照See Also

MSBuildMSBuild