WriteCodeFragment タスクWriteCodeFragment Task

指定された生成済みのコード片から一時コード ファイルを生成します。Generates a temporary code file from the specified generated code fragment. ファイルは削除されません。Does not delete the file.

パラメーターParameters

WriteCodeFragment タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。The following table describes the parameters of the WriteCodeFragment task.

パラメーターParameter 説明Description
AssemblyAttributes 省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。Optional ITaskItem[] parameter.

書き込む属性の説明です。Description of the attributes to write. 項目 Include 値は、属性の種類の完全名になります。たとえば、"System.AssemblyVersionAttribute" です。The item Include value is the full type name of the attribute, for example, "System.AssemblyVersionAttribute".

各メタデータはパラメーターの名前/値の組みになります。この種類は String である必要があります。Each metadata is the name-value pair of a parameter, which must be of type String. 一部の属性では、位置指定コンストラクター引数のみ許可されます。Some attributes only allow positional constructor arguments. ただし、このような引数はあらゆる属性で使用できます。However, you can use such arguments in any attribute. 位置指定コンストラクター引数を設定するには、"_Parameter1"、"_Parameter2" のようなメタデータ名を使用します。To set positional constructor attributes, use metadata names that resemble "_Parameter1", "_Parameter2", and so on.

パラメーターのインデックスをスキップすることはできません。A parameter index cannot be skipped.
Language 必須の String 型のパラメーターです。Required String parameter.

生成するコードの言語を指定します。Specifies the language of the code to generate.

Language には、"C#" や "VisualBasic" など、CodeDom プロバイダーが利用できるあらゆる言語を指定できます。Language can be any language for which a CodeDom provider is available, for example, "C#" or "VisualBasic". 出力ファイルには、その言語の既定のファイル名拡張子が与えられます。The emitted file will have the default file name extension for that language.
OutputDirectory 省略可能な ITaskItem 型のパラメーターです。Optional ITaskItem parameter.

生成されたコードの出力先フォルダーを指定します。一般的には、中間フォルダーにします。Specifies the destination folder for the generated code, typically the intermediate folder.
OutputFile 省略可能な ITaskItem 型の出力パラメーターです。Optional ITaskItem output parameter.

生成されたファイルのパスを指定します。Specifies the path of the file that was generated. ファイル名を使用してこのパラメーターを設定する場合、出力先フォルダーがファイル名の前に付加されます。If this parameter is set by using a file name, the destination folder is prepended to the file name. ルートを使用して設定される場合、出力先フォルダーは無視されます。If it is set by using a root, the destination folder is ignored.

このパラメーターが設定されない場合、出力ファイル名が出力先フォルダー、任意のファイル名、指定言語の既定のファイル名拡張子になります。If this parameter is not set, the output file name is the destination folder, an arbitrary file name, and the default file name extension for the specified language.

コメントRemarks

表に示されているパラメーターを使用できるだけでなく、このタスクは TaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は Task クラスから継承されます。In addition to having the parameters that are listed in the table, this task inherits parameters from the TaskExtension class, which itself inherits from the Task class. これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「 TaskExtension Base Class」を参照してください。For a list of these additional parameters and their descriptions, see TaskExtension Base Class.

関連項目See Also

タスク Tasks
Task Reference (タスク リファレンス)Task Reference