WriteLinesToFile Task

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

指定するアイテムのパスを、指定するテキスト ファイルに書き込みます。

タスク パラメーター

WriteLinestoFile タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。

パラメーター Description
File 必須の ITaskItem 型のパラメーターです。

アイテムの書き込み先のファイルを指定します。
Lines 省略可能な ITaskItem[] 型のパラメーターです。

ファイルに書き込むアイテムを指定します。
Overwrite 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true に設定すると、ファイル内の既存の内容はすべて上書きされます。
Encoding 省略可能な String 型のパラメーターです。

文字エンコーディング ("Unicode" など) を選択します。 「Encoding」も参照してください。

解説

Overwritetrue の場合は、新しいファイルを作成し、内容をそのファイルに書き込んだ後、ファイルを閉じます。 既存のターゲット ファイルは上書きされます。 Overwritefalse の場合は、内容をターゲット ファイルに追加します。ターゲット ファイルがまだ存在しない場合は、ファイルが作成されます。

上記のパラメーター以外に、このタスクは TaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は、Task クラスから継承されます。 これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「TaskExtension Base Class」を参照してください。

使用例

次の例では、WriteLinesToFile タスクを使用して、MyItems アイテム コレクション内のアイテムのパスを MyTextFile アイテム コレクションで指定されたファイルに書き込んでいます。

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">  

    <ItemGroup>  
        <MyTextFile Include="Items.txt"/>  
        <MyItems Include="*.cs"/>  
    </ItemGroup>  

    <Target Name="WriteToFile">  
        <WriteLinesToFile  
            File="@(MyTextFile)"  
            Lines="@(MyItems)"  
            Overwrite="true"  
            Encoding="Unicode"/>  
    </Target>  

</Project>  

参照

タスク
Task Reference