XDCMake タスク

XML ドキュメント ツール (xdcmake.exe) をラップします。このツールは、XML ドキュメント コメント (.xdc) ファイルを .xml ファイルにマージします。

Visual C++ ソース コードにドキュメンテーション コメントを記入し、/doc コンパイラ オプションでコンパイルすると、.xdc ファイルが作成されます。 詳細については、XDCMake リファレンスXML ドキュメント ジェネレーター プロパティ ページ、xdcmake.exe のコマンドライン ヘルプ オプション (/?) をご覧ください。

コメント

既定では、xdcmake.exe ツールはいくつかのコマンドライン オプションをサポートしています。 /old コマンドライン オプションを指定すると、追加のオプションがサポートされます。

パラメーター

XDCMake タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。

パラメーター 説明
AdditionalDocumentFile 省略可能な String[] 型のパラメーターです。

結合する追加の .xdc ファイルを 1 つまたは複数指定します。

詳細については、XML ドキュメント ジェネレーター プロパティ ページ追加のドキュメント ファイルに関する説明をご覧ください。 xdcmake.exe については、コマンドライン オプションの /old/Fs も参照してください。
AdditionalOptions 省略可能な String 型のパラメーターです。

コマンド ラインで指定するオプションのリストです。 たとえば、"/option1 /option2 /option#" のような形式です。 他の XDCMake タスク パラメーターでは表されないオプションを指定する場合は、このパラメーターを使用します。

詳細については、XDCMake リファレンスXML ドキュメント ジェネレーター プロパティ ページ、xdcmake.exe のコマンドライン ヘルプ (/?) をご覧ください。
DocumentLibraryDependencies 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true と現在のプロジェクトがソリューションのスタティック ライブラリ (.lib) プロジェクトに依存している場合、そのライブラリ プロジェクトの .xdc ファイルが現在のプロジェクトの .xml ファイル出力に含まれます。

詳細については、XML ドキュメント ジェネレーター プロパティ ページドキュメント ライブラリの依存関係に関する説明をご覧ください。
OutputFile 省略可能な String 型のパラメーターです。

既定の出力ファイル名をオーバーライドします。 既定の名前は、処理される最初の .xdc ファイルの名前から派生します。

詳細については、「XDCMake リファレンス」の /out:filename オプションの説明を参照してください。 xdcmake.exe については、コマンドライン オプションの /old/Fo も参照してください。
ProjectName 省略可能な String 型のパラメーターです。

現在のプロジェクトの名前。
SlashOld 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、追加の xdcmake.exe オプションを有効にします。

詳細については、xdcmake.exe の /old コマンド ライン オプションを参照してください。
Sources 必須の ITaskItem[] 型のパラメーターです。

タスクで使用および生成できる MSBuild ソース ファイル アイテムの配列を定義します。
SuppressStartupBanner 省略可能な Boolean 型のパラメーターです。

true の場合、タスクの開始時に著作権およびバージョン番号のメッセージが表示されないようにします。

詳細については、「XDCMake リファレンス」の /nologo オプションの説明を参照してください。
TrackerLogDirectory 省略可能な String 型のパラメーターです。

トラッカー ログのディレクトリを指定します。

関連項目

Task Reference (タスク リファレンス)