XmlPeek Task

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

XML ファイルから XPath クエリで指定された値を返します。

パラメーター

XmlPeek タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。

パラメーター Description
Namespaces 省略可能な String 型のパラメーターです。

XPath クエリのプレフィックスの名前空間を指定します。
Query 省略可能な String 型のパラメーターです。

XPath クエリを指定します。
Result 省略可能な ITaskItem[] 型の出力パラメーター。

このタスクから返される結果が格納されます。
XmlContent 省略可能な String 型のパラメーターです。

XML 入力を文字列として指定します。
XmlInputPath 省略可能な ITaskItem 型のパラメーターです。

XML 入力をファイル パスとして指定します。

解説

表に示されているパラメーターを使用できるだけでなく、このタスクは TaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は、Task クラスから継承されます。 これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「TaskExtension Base Class」を参照してください。

参照

タスク
Task Reference