XmlPoke タスクXmlPoke Task

XML ファイルに XPath クエリで指定された値を設定します。Sets values as specified by an XPath query into an XML file.

パラメーターParameters

XmlPoke タスクのパラメーターの説明を次の表に示します。The following table describes the parameters of the XmlPoke task.

パラメーターParameter 説明Description
Namespaces 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

XPath クエリ プレフィックスの名前空間を指定します。Specifies the namespaces for XPath query prefixes. Namespaces は、属性 PrefixUri を持つ Namespace 要素で構成される XML スニペットです。Namespaces is an XML snippet consisting of Namespace elements with attributes Prefix and Uri. 属性 Prefix では、Uri 属性で指定された名前空間に関連付けるプレフィックスを指定します。The attribute Prefix specifies the prefix to associate with the namespace specified in Uri attribute. 空の Prefix は使用しないでください。Do not use an empty Prefix.
Query 省略可能な String 型のパラメーターです。Optional String parameter.

XPath クエリを指定します。Specifies the XPath query.
Value 必須の ITaskItem 型のパラメーターです。Required ITaskItem parameter.

指定されたパスに挿入する値を指定します。Specifies the value to be inserted into the specified path.
XmlInputPath 省略可能な ITaskItem 型のパラメーターです。Optional ITaskItem parameter.

XML 入力をファイル パスとして指定します。Specifies the XML input as a file path.

コメントRemarks

表に示されているパラメーターを使用できるだけでなく、このタスクは TaskExtension クラスからパラメーターを継承します。このクラス自体は Task クラスから継承されます。In addition to having the parameters that are listed in the table, this task inherits parameters from the TaskExtension class, which itself inherits from the Task class. これらの追加のパラメーターの一覧とその説明については、「 TaskExtension Base Class」を参照してください。For a list of these additional parameters and their descriptions, see TaskExtension Base Class.

Example

以下に、変更する sample.xml を示します。Here is a sample.xml to modify:

<Package xmlns="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/foundation/windows10"
         xmlns:mp="http://schemas.microsoft.com/appx/2014/phone/manifest"
         xmlns:uap="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10" >
<Identity Name="Sample.Product " Publisher="CN=1234" Version="1.0.0.0" />
<mp:PhoneIdentity PhoneProductId="456" PhonePublisherId="0" />
</Package>

この例では、/Package/mp:PhoneIdentity/PhonePublisherId を変更する場合、以下を使用します。In this example, if you want to modify /Package/mp:PhoneIdentity/PhonePublisherId, then use

<Project xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">
  <PropertyGroup>
    <Namespace>
        <Namespace Prefix="dn" Uri="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/foundation/windows10" />
        <Namespace Prefix="mp" Uri="http://schemas.microsoft.com/appx/2014/phone/manifest" />
        <Namespace Prefix="uap" Uri="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10" />
    </Namespace>
</PropertyGroup>

<Target Name="Poke">
  <XmlPoke
    XmlInputPath="Sample.xml"
    Value="MyId"
    Query="/dn:Package/mp:PhoneIdentity/@PhoneProductId"
    Namespaces="$(Namespace)"/>
</Target>
</Project>

ここでは、既定の名前空間の人為的な名前空間プレフィックスとして dn が使用されます。dn is here used as an artificial namespace prefix for default namespace.

参照See Also

タスク Tasks
Task Reference (タスク リファレンス)Task Reference