Visual Studio のプロファイル

プロファイリングと診断のツールを利用すれば、メモリの利用状況、CPU の利用状況、その他のアプリケーション レベルの問題を診断できます。 これらのツールでは、デバッガーでアプリケーションを実行し、一定期間のデータを集めることができます (変数値、関数呼び出し、イベントなど)。 コードの実行中のさまざまな時点におけるアプリケーションの状態を表示できます。