AutoMark

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

AutoMark オプションは、Windows ソフトウェア パフォーマンス カウンターのイベントを収集する間隔をミリ秒単位で指定します。 Windows パフォーマンス カウンターは WinCounter オプションで指定します。

コマンド ラインに指定できる AutoMark オプションは 1 つのみです。 AutoMark によって指定された WinCounter のサンプリング間隔は、メイン サンプリング間隔には依存しません。

構文

VSPerfCmd.exe /Start:Method /WinCounter:Path /AutoMark:Milliseconds  

パラメーター

Milliseconds
Windows パフォーマンス カウンターのイベントを収集する間隔をミリ秒単位で指定します。

必須のオプション

WinCounter: Path
収集する Windows パフォーマンス カウンターを指定します。 インストルメンテーション メソッドを使用している場合は、複数の Windows カウンターを指定できます。 サンプリング メソッドを使用している場合は、1 つのソフトウェア カウンターのみを指定できます。 WinCounter オプションは、Start オプションが含まれたコマンド ラインで指定する必要があります。

使用例

この例では、2 つの Windows パフォーマンス カウンターのサンプリング間隔として 1000 ミリ秒が設定されます。

VSPerfCmd.exe /Start:Trace /Output:TestApp.exe.vsp /WinCounter:"\Process(*)\% Processor Time" /WinCounter:"\ASP.NET\Pages/sec" /AutoMark:1000  
VSPerfCmd.exe /Launch:TestApp.exe  

参照

VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング
プロファイリング (サービスの)