コール ツリー ビューCall Tree View

[コール ツリー] ビューには、プロファイリングされるアプリケーションで走査された関数の実行パスが表示されます。The Call Tree view displays the function execution paths that were traversed in the profiled application. ツリーのルートは、アプリケーションまたはコンポーネントへのエントリ ポイントです。The root of the tree is the entry point into the application or the component. 各関数ノードは、呼び出したすべての関数と、その関数呼び出しに関するパフォーマンス データを表示します。Each function node lists all the functions it called and performance data about those function calls.

[コール ツリー] ビューでは、最も時間を消費した関数や最も頻繁にサンプリングされた関数の実行パスを展開したり強調表示したりすることもできます。The Call Tree view can also expand and highlight the execution path of a function that consumed the most time or was sampled most frequently. 最もパフォーマンス負荷の高いパスを表示するには、関数を右クリックし、[ホット パスの展開] をクリックします。To display the most performance-expensive path, right-click the function and then click Expand Hot Path.

プロファイル実行の各プロセスは、ルート ノードとして表示されます。Each process in the profiling run is displayed as a root node. コール ツリー ビューの開始ノードを設定するには、開始ノードとして設定するノードを右クリックし、[ルートの設定] を選択します。You can set the start node of the Call Tree view by right-clicking the node you want to set as the start node and then selecting Set Root.

ルート ノードを設定すると、選択したノードのサブツリーを除く他のすべてのエントリはビューから除外されます。When you set the root node, you eliminate all other entries from the view except the subtree of the selected node. ルート ノードをリセットし、表示していたノードに戻すことができます。You can reset the root node back to the node you were viewing. コール ツリー ビュー ウィンドウで、右クリックし、[ルートのリセット] を選択します。On the Call Tree view window, right-click and then select Reset Root.

コール ツリー ビューをカスタマイズし、列を追加したり、削除したりできます。The Call Tree view can be customized to add or remove columns. [Column Name Title Bar](列名タイトル バー) を右クリックし、[列の追加と削除] を選択します。Right-click the Column Name Title Bar, and then select Add/Remove Columns.

コール ツリー ビューは、表示されるデータの数を制限して、ノイズを除去するように構成できます。The Call Tree view can be configured for noise reduction by limiting the amount of data that is presented. ノイズ除去を行うことで、ビューでパフォーマンスの問題を発見しやすくなります。By using noise reduction, performance problems are more prominent in the view. パフォーマンスの問題が発見しやすくなれば、分析が簡単になります。When performance problems are easy to distinguish, analysis is easier. 詳細については、「方法: レポート ビューでノイズ除去を設定する」を参照してください。For more information, see How to: Configure Noise Reduction in Report Views.

注意

有効にしたときに警告を表示するようにノイズ除去が構成されている場合、レポートに情報バーが表示されます。If noise reduction is configured to display a warning when it is enabled, an information bar will be displayed in the report.

コール ツリー ビューの列の定義については、以下をご覧ください。For more information about definitions for columns in the Call Tree view, see the following:

コール ツリー ビューCall Tree View

コール ツリー ビューCall Tree View

コール ツリー ビュー - サンプリングCall Tree View - Sampling

コール ツリー ビューCall Tree View

参照See Also

パフォーマンス レポートのビュー Performance Report Views
インストルメンテーション データ値について Understanding Instrumentation Data Values
サンプリング データ値についてUnderstanding Sampling Data Values