コール ツリー ビュー - 競合データCall Tree View - Contention Data

[コール ツリー] ビューには、プロファイリングされるアプリケーションで走査された関数の実行パスが表示されます。The Call Tree view displays the function execution paths that were traversed in the profiled application. ツリーのルートは、アプリケーションまたはコンポーネントへのエントリ ポイントです。The root of the tree is the entry point into the application or the component. 各関数ノードには、その関数が呼び出したすべての関数、関数がブロックされた回数、および他のスレッドやプロセスとリソースを競合したために関数がブロックされた時間が一覧表示されます。Each function node lists all functions that it called, the number of times that the function was blocked, and the amount of time that the function was blocked because it was contending for a resource with other threads or processes.

コール ツリー ビュー内の値は、コール ツリー内の親関数から呼び出された関数のインスタンスに対応します。The values in the Call Tree view are for the function instances that were called by the parent function in the call tree. 割合の値を計算するには、関数インスタンスの値と、プロファイル実行での競合の総数を比較します。Percentage values are calculated by comparing the function instance value to the total number of contentions in the profiling run.

実行ホット パスの強調表示Highlighting the Execution Hot Path

コール ツリー ビューでは、最も多くの競合が発生したプロセスまたは関数の実行パスを展開して強調表示できます。The Call Tree view can expand and highlight the execution path of the process or function that created the most contentions.

  • 最もアクティブなパスを表示するには、プロセスまたは関数を右クリックし、[ホット パスの展開] をクリックします。To display the most active path, right-click the process or function, and then click Expand Hot Path.

コール ツリーのルート ノードの設定Setting the Call Tree Root Node

プロファイル実行の各プロセスは、ルート ノードとして表示されます。Each process in the profiling run appears as a root node. コール ツリー ビューの開始ノードを設定するには、開始ノードとして設定するノードを右クリックし、[ルートの設定] をクリックします。To set the starting node of the Call Tree view, right-click the node that you want to set as the start node, and then click Set Root.

ルート ノードを設定すると、選んだノードのサブツリーを除く他のすべてのエントリはビューから除外されます。When you set the root node, you eliminate all other entries from the view except for the subtree of the node that you selected. ルート ノードを元のノードに戻すには、コール ツリー ビュー内を右クリックし、[ルートのリセット] をクリックします。To reset the root node back to the original node, right-click in the Call Tree view, and then click Reset Root.

ColumnColumn 説明Description
排他ブロック時間Exclusive Blocked Time この実行パス内のこの関数のインスタンスが、プロファイリング実行で実行をブロックされた時間。The time that instances of this function in this execution path were blocked from executing in the profiling run. この関数によって呼び出された子関数のブロックされた時間は含まれません。The time does not include the blocked time of child functions that were called by the function.
排他ブロック時間 %Exclusive Blocked Time % プロファイリング実行のすべてのブロック時間に対する、この実行パスでのこの関数の排他的なブロック時間の割合。The percentage of all blocked time in the profiling run that was exclusive blocked time for this function in this execution path.
排他競合Exclusive Contentions この実行パスのこの関数のインスタンスで発生した競合の回数。The number of contentions that occurred in instances of this function in this execution path. この関数によって呼び出された子関数の競合は含まれません。The number does not include contentions of child functions called by the function.
排他競合 %Exclusive Contentions % プロファイリング実行のすべての競合に対する、コール ツリーにおいて親関数から呼び出されたこの関数のインスタンスの排他的な競合の割合。The percentage of all contentions in the profiling run that were exclusive contentions of the instances of this function that were called by the parent function in the call tree.
関数アドレスFunction Address 関数のアドレス。The address of the function.
関数名Function Name 関数の完全修飾名です。The fully qualified name of the function.
包括ブロック時間Inclusive Blocked Time この実行パス内のこの関数のインスタンスが、プロファイリング実行で実行をブロックされた合計時間。The total time that the instances of this function in this execution path were blocked from executing in the profiling run. この関数によって呼び出された子関数のブロックされた時間が含まれます。The time includes the blocked time of child functions called by the function.
包括ブロック時間 %Inclusive Blocked Time % プロファイリング実行のすべてのブロック時間に対する、この実行パスでのこの関数のインスタンスの包括的なブロック時間の割合。The percentage of all blocked time in the profiling run that was the inclusive blocked time for the instances of this function in this execution path.
包括競合Inclusive Contentions この実行パスのこの関数のインスタンスをブロックした競合の合計回数。The total number of contentions that blocked instances of this function in this execution path. この関数によって呼び出された子関数の競合が含まれます。The number includes the contentions of child functions called by the function.
包括競合 %Inclusive Contentions % プロファイリング実行のすべての競合に対する、この実行パスでのこの関数のインスタンスの包括的競合の割合。The percentage of all contentions in the profiling run that were inclusive contentions of the instances of this function in this execution path.
レベルLevel コール ツリーにおけるこの関数のレベル。The level of the function in the call tree. VSReport コマンド ライン レポートでのみ有効です。Only in VSReport command-line reports. 詳しくは、「VSPerfReport」をご覧ください。For more information, see in VSPerfReport.
関数行番号Function Line Number ソース ファイルでのこの関数の開始行番号です。The line number of the start of this function in the source file.
モジュール名Module Name 関数を含むモジュールの名前です。The name of the module that contains the function.
モジュール パスModule Path 関数を含むモジュールのパスです。The path of the module that contains the function.
プロセス IDProcess ID プロファイリング実行のプロセス ID (PID) です。The process ID (PID) of the profiling run.
プロセス名Process Name プロセスの名前です。The name of the process.
ソース ファイルSource File この関数の定義を含むソース ファイルです。The source file that contains the definition for this function.

関連項目See Also

方法: レポート ビューの列をカスタマイズする How to: Customize Report View Columns
コール ツリー ビュー Call Tree View
コール ツリー ビュー - インストルメンテーション Call Tree View - Instrumentation
コール ツリー ビュー - サンプリング Call Tree View - Sampling
コール ツリー ビュー Call Tree View
コール ツリー ビューCall Tree View