呼び出し元/呼び出し先ビュー - プロファイラー サンプリング データ

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

呼び出し元\/呼び出し先ビューには、選択した関数およびその親関数と子関数のプロファイリング情報が表示されます。 呼び出し元\/呼び出し先ビューには、次の 3 つのグリッドがあります。

[現在の関数] は中央のグリッドに表示されます。このグリッドには、選択した関数のプロファイリング情報が表示されます。 値には関数のすべてのサンプル呼び出しが含まれます。

[現在の関数を呼び出した関数] は最上部のグリッドに表示されます。このグリッドには、呼び出し元 (親) 関数による、選択した (現在の) 関数の値に対する個別の処理が表示されます。

[現在の関数によって呼び出された関数] は、下部のグリッドに表示されます。このグリッドには、子関数が現在の関数によって呼び出されたときに、選択した関数の呼び出し先 (子) 関数に関するプロファイリング情報が表示されます。

注意

Windows 8 および Windows Server 2012 の強化されたセキュリティ機能によって、Visual Studio プロファイラーがこれらのプラットフォームでデータを収集する方法に大幅な変更が必要になりました。 Windows ストア アプリにも新しい収集手法が必要です。 「Windows 8 および Windows Server 2012 アプリケーションのプロファイリング」を参照してください。

説明
プロセス ID プロファイリング実行のプロセス ID (PID)。
プロセス名 プロセスの名前。
[モジュール名] 関数を含むモジュールの名前。
[モジュール パス] 関数を含むモジュールのパス。
[ソース ファイル] この関数の定義を含むソース ファイル。
[関数名] 関数の完全修飾名。
[関数行番号] ソース ファイルのこの関数の開始行番号。
[関数アドレス] 関数のアドレス。
関数のコンテキスト:

- 0 - 現在の関数
- 1 - 現在の関数を呼び出す関数
- 2 - 現在の関数で呼び出される関数
ルート関数名 現在の関数の名前。
[サンプル数 (子を含む)] - 現在の関数の場合、この関数またはその子関数の 1 つの実行中に収集されたサンプルの数。
- 呼び出し元関数の場合、この関数が現在の関数を呼び出したときに収集された現在の関数の包括サンプル数。
- 呼び出し先関数の場合、現在の関数がこの関数を呼び出したときに収集されたこの関数の包括サンプル数。
サンプル % (子を含む) プロファイリング実行のすべてのサンプルに対する、この関数の包括サンプルの割合。
[サンプル数 (関数のみ)] - 現在の関数の場合、この関数が直接実行されていたとき、つまりこの関数が呼び出し履歴の最上位に配置されていたときに収集されたプロファイリング実行のサンプル数。 この関数の子関数の実行中に収集されたサンプルは、排他カウントには含まれません。
- 呼び出し元関数の場合、この関数が現在の関数を呼び出したときに収集された現在の関数の排他サンプル数。
- 呼び出し先関数の場合、現在の関数がこの関数を呼び出したときに収集されたこの関数の排他サンプル数。
[サンプル % (関数のみ)] プロファイリング実行のすべてのサンプルに対する、この関数の排他サンプルの割合。

参照

呼び出し元\/呼び出し先ビュー - サンプリング
呼び出し元\/呼び出し先ビュー - インストルメンテーション
呼び出し元\/呼び出し先ビュー