コマンド ラインからのプロファイラーのサンプリング メソッドを使用した ASP.NET Web アプリケーションのアプリケーション統計情報の収集

このセクションでは、VSPerfASPNETCmd および VSPerfCmd コマンドライン ツールとサンプリング プロファイル メソッドを使用して、ASP.NET Web アプリケーションのパフォーマンスの統計情報を収集する手順とオプションについて説明します。

注意

Windows 8 および Windows Server 2012 の強化されたセキュリティ機能によって、Visual Studio プロファイラーがこれらのプラットフォームでデータを収集する方法に大幅な変更が必要になりました。 Windows ストア アプリにも新しい収集手法が必要です。 「Performance Tools on Windows 8 and Windows Server 2012 applications (Windows 8 および Windows Server 2012 アプリケーションのパフォーマンス ツール)」をご覧ください。

注意

VSPerfCmd ツールを使用すると、プロファイルの一時停止や再開など、すべてのプロファイル ツール機能にアクセスし、プロセッサと Windows パフォーマンス カウンターからその他のデータも収集できますが、この機能が不要な場合は VSPerfASPNETCmd コマンド ライン ツールを使用することをお勧めします。 VSPerfASPNETCmd コマンド ライン ツールは、スタンドアロン プロファイラーを使用して ASP.NET Web サイトのプロファイリングを実行するときに推奨される方法です。 VSPerfCmd コマンド ライン ツールと比較すると、環境変数を設定する必要がなく、コンピューターを再起動する必要がありません。 詳細については、「VSPerfASPNETCmd を使用した迅速な Web サイト プロファイリング」を参照してください。

一般的なタスク

タスク 関連するコンテンツ
プロファイラーを ASP.NET アプリケーションにアタッチする - 方法: コマンド ラインを使用してプロファイラーを ASP.NET Web アプリケーションにアタッチし、アプリケーションの統計情報を収集する

ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング

タスク 関連するコンテンツ
インストルメンテーション方式を使用したプロファイリング - インストルメンテーションを使用した詳細なタイミング データの収集
メモリ割り当てとガベージ コレクションのプロファイリング - メモリ データの収集
リソースの競合とスレッド アクティビティのプロファイリング - 同時実行データの収集

サンプリング メソッド:

タスク 関連するコンテンツ
スタンドアロン (クライアント) アプリケーションのプロファイリング - サンプリングを使用したアプリケーション統計情報の収集
- サービスのプロファイリング - サンプリングを使用したアプリケーション統計情報の収集

サンプリング データ ビューとレポートの分析

サンプリング メソッドのデータ ビュー