インストルメンテーションを使用した詳細なタイミング データの収集Collecting Detailed Timing Data by Using Instrumentation

Visual StudioVisual Studio プロファイリング ツールのインストルメンテーション メソッド (方式) では、モジュールのコピーにプロファイリング コードが挿入されます。The Visual StudioVisual Studio Profiling Tools instrumentation method injects profiling code into a copy of a module. このコードでは、プロファイリングの実行中に、モジュール内の各関数の開始、終了、および関数の呼び出しをそれぞれ記録します。The code records each entry, exit, and function call of the functions in the module during a profiling run. このインストルメンテーション メソッドは、コード セクションに関する詳細なタイミング情報を収集し、アプリケーションのパフォーマンスに対する入出力操作の影響を理解するために役立ちます。The instrumentation method is useful for gathering detailed timing information about a section of your code and for understanding the impact of input and output operations on application performance.

インストルメンテーション メソッドは、次のいずれかの手順を使用して指定できます。You can specify the instrumentation method by using one of the following procedures:

  • プロファイリング ウィザードの最初のページで [インストルメンテーション]を選択します。On the first page of the Profiling Wizard, select Instrumentation.

  • パフォーマンス エクスプローラー のツールバーで、 [メソッド] 一覧の [インストルメンテーション]をクリックします。On the Performance Explorer toolbar, in the Method list, click Instrumentation.

  • パフォーマンス セッションの [プロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] ページで、 [インストルメンテーション]をクリックします。On the General page of the properties dialog box for the performance session, select Instrumentation.

一般的なタスクCommon Tasks

追加のオプションを、パフォーマンス セッションの [ パフォーマンス セッション][プロパティ ページ] ダイアログ ボックスで指定できます。You can specify additional options in the Performance SessionProperty Pages dialog box of the performance session. このダイアログ ボックスを開くには:To open this dialog box:

  • パフォーマンス エクスプローラーで、パフォーマンス セッション名を右クリックして [プロパティ]をクリックします。In Performance Explorer, right-click the performance session name, and then click Properties.

    次の表の各タスクでは、インストルメンテーション メソッドを使用してプロファイリングを実行する際に、[ パフォーマンス セッション][プロパティ ページ] ダイアログ ボックスで指定できるオプションについて説明しています。The tasks in the following table describe options that you can specify in the Performance SessionProperty Pages dialog box when you profile by using the instrumentation method.

タスクTask 関連するコンテンツRelated Content
[全般] ページで、.NET のメモリ割り当ておよび有効期間データを追加し、生成されるプロファイリング データ (.vsp) ファイルの名前付けの詳細を指定します。On the General page, add .NET memory allocation and lifetime data, and specify naming details for the generated profiling data (.vsp) file. - .NET メモリの割り当ておよび有効期間データの収集- Collecting .NET Memory Allocation and Lifetime Data
- 方法: パフォーマンス データ ファイル名のオプションを設定する- How to: Set Performance Data File Name Options
ソリューション内に複数の .exe プロジェクトがある場合は、 [起動] ページで、開始するアプリケーションおよび開始順序を指定します。On the Launch page, if you have multiple .exe projects in your solution.specify the application to start and their start order. - 方法 : 開始するバイナリを指定する- How to: Specify the Binary to Start
[バイナリ] ページで、モジュールのインストルメント化されたコピーの場所を指定します。On the Binaries page, specify a location for the instrumented copies of the modules. 既定では、元のバイナリはバックアップ フォルダーに移動されます。By default, the original binaries are moved to a backup folder. - 方法 : インストルメント化されたバイナリを再配置する- How to: Relocate Instrumented Binaries
[階層の相互作用] ページで、プロファイリング実行に ADO.NET 呼び出しデータを追加します。On the Tier Interaction page, add ADO.NET call data to the profiling run. - 階層相互作用データの収集- Collecting tier interaction data
[インストルメンテーション] ページで、プロファイリングのオーバーヘッドを低減するために小規模関数を除外し、ASP.NET Web ページで JavaScript コードをプロファイルし、インストルメンテーション処理の前と後にコマンド プロンプトで実行するコマンドを指定します。On the Instrumentation page, exclude small functions from profiling to reduce the profiling overhead, profile JavaScript code in ASP.NET Web pages, and specify commands to run at a command prompt before and after the instrumentation process. - 方法 : インストルメンテーションで短い関数を除外または含める- How to: Exclude or Include Short Functions from Instrumentation
- 方法: Web ページ内の JavaScript コードをプロファイリングする- How to: Profile JavaScript Code in Web Pages
- 方法 : インストルメント化前のコマンドおよびインストルメント化後のコマンドを指定する- How to: Specify Pre- and Post-Instrument Commands
[CPU カウンター] ページで、プロファイリング データを追加するプロセッサのパフォーマンス カウンターを 1 つ以上指定します。On the CPU Counters page, specify one or more processor performance counters to add to the profiling data. - 方法 : CPU カウンター データを収集する- How to: Collect CPU Counter Data
[Windows イベント] ページで、サンプリング データと共に収集する 1 つ以上の ETW (Windows イベント トレーシング) イベントを選択します。On the Windows Events page, select one or more Event Tracing for Windows (ETW) events to collect with the sampling data. - 方法: ETW (Event Tracing for Windows) データを収集する- How to: Collect Event Tracing for Windows (ETW) Data
[Windows カウンター] ページで、プロファイリング データをマークとして追加するオペレーティング システムのパフォーマンス カウンターを 1 つ以上指定します。On the Windows Counters page, specify one or more operating system performance counters to add to the profiling data as marks. - 方法 : Windows カウンター データを収集する- How to: Collect Windows Counter Data
[詳細] ページで、VSInstr インストルメンテーション プログラムに渡す追加のオプションをすべて指定します (特定の関数を含めるオプションや特定の関数を除外するオプションなど)。On the Advanced page, specify any additional options that you want to pass to the VSInstr instrumentation program, such as options to include or exclude specific functions. - 方法 : 追加のインストルメンテーション オプションを指定する- How to: Specify Additional Instrumentation Options
- 方法 : インストルメンテーションを特定の関数に制限する- How to: Limit Instrumentation to Specific Functions
- VSInstr- VSInstr