プロファイラーのコマンド ラインを使用したスタンドアロン アプリケーションの .NET Framework メモリ データの収集

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

ここでは、コマンド ラインからサンプリング メソッドを使用して .NET クライアント (スタンドアロン) アプリケーションのメモリの割り当ておよびオブジェクトの有効期間に関するデータを収集する手順とオプションについて説明します。

一般的なタスク

タスク 関連するコンテンツ
アプリケーションの起動と .NET メモリのプロファイリング - 方法: プロファイラーによって .NET Framework アプリケーションを起動し、メモリ データを収集する
.NET アプリケーションへのプロファイラーのアタッチ - 方法: プロファイラーを .NET Framework アプリケーションにアタッチし、メモリ データを収集する
アプリケーションのインストルメント化による .NET メモリ データの収集 - 方法: プロファイラーを使用してスタンドアロンの .NET Framework コンポーネントをインストルメントし、メモリ データを収集する

関連するタスク

スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング

タスク 関連するコンテンツ
サンプリング メソッドを使用してプロファイリングする - サンプリングを使用したアプリケーション統計情報の収集
インストルメンテーション メソッドを使用してプロファイリングする - インストルメンテーションを使用した詳細なタイミング データの収集
リソースの競合およびスレッド アクティビティをプロファイリングする - 同時実行データの収集
階層相互作用データを追加する - 階層相互作用データの収集

.NET メモリ データのプロファイリング

タスク 関連するコンテンツ
ASP.NET アプリケーションをプロファイリングする - メモリ データの収集
サービスをプロファイリングする - .NET メモリ データの収集

.NET メモリ データ ビューおよびレポートの分析

.NET メモリのデータ ビュー

参照

コマンド ライン プロファイリング ツール リファレンス