プロファイラーのコマンド ラインを使用した ASP.NET Web アプリケーションからのメモリ データの収集

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

ここでは、VSPerfCmd のコマンド ライン ツールを使用して ASP.NET Web アプリケーションのメモリの割り当ておよびオブジェクトの有効期間データを収集するための手順およびオプションを説明します。

注意

VSPerfCmd ツールを使用すると、プロファイリング ツールの機能すべて (プロファイリングの一時停止と再開、プロセッサおよび Windows パフォーマンス カウンターからの追加データの収集など) にアクセスできます。 この機能が必要ない場合は、VSPerfASPNETCmd コマンド ライン ツールも使用できます。 VSPerfCmd コマンド ライン ツールに比べると、環境変数を設定する必要がなく、コンピューターの再起動も必要ありません。 詳細については、「VSPerfASPNETCmd を使用した迅速な Web サイト プロファイリング」を参照してください。

一般的なタスク

タスク 関連するコンテンツ
プロファイラーを実行中の ASP.NET アプリケーションにアタッチする - 方法: プロファイラーを ASP.NET Web アプリケーションにアタッチし、メモリ データを収集する
静的にコンパイルしたバイナリをインストルメントする - 方法: 静的にコンパイルされた ASP.NET アプリケーションをインストルメントし、メモリ データを収集する
動的にコンパイルしたバイナリをインストルメントする - 方法: 動的にコンパイルされた ASP.NET アプリケーションをインストルメントし、メモリ データを収集する

関連するタスク

ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング

タスク 関連するコンテンツ
サンプリング メソッドを使用してプロファイリングする - サンプリングを使用したアプリケーション統計情報の収集
インストルメンテーション メソッドを使用してプロファイリングする - インストルメンテーションを使用した詳細なタイミング データの収集
リソースの競合およびスレッド アクティビティをプロファイリングする - 同時実行データの収集

.NET Framework メモリ データのプロファイリング

タスク 関連するコンテンツ
スタンドアロン (クライアント) アプリケーションをプロファイリングする - .NET Framework メモリ データの収集
サービスをプロファイリングする - .NET メモリ データの収集

.NET メモリ データ ビューおよびレポートの分析

.NET メモリのデータ ビュー

参照

コマンド ライン プロファイリング ツール リファレンス