サンプリングを使用したパフォーマンス統計情報の収集Collecting Performance Statistics by Using Sampling

Visual Studio PremiumVisual Studio Premium プロファイリング ツールの既定では、10,000,000 プロセッサ サイクルごと (1 GHz コンピューターで約 100 分の 1 秒ごと) にプロファイリング情報を収集します。By default, the Visual Studio PremiumVisual Studio Premium Profiling Tools sampling method collects profiling information every 10,000,000 processor cycles (approximately every one-hundredth of a second on a 1 GHz computer). このサンプリング メソッドはプロセッサ使用率の問題を検出するのに役立ち、ほとんどのパフォーマンス調査を開始するときに推奨される方法です。The sampling method is useful for finding processor utilization issues and is the suggested method for starting most performance investigations.

RequirementsRequirements

  • Visual Studio UltimateVisual Studio UltimateVisual Studio PremiumVisual Studio PremiumVisual Studio ProfessionalVisual Studio Professional, Visual Studio PremiumVisual Studio Premium, Visual Studio ProfessionalVisual Studio Professional

注意

Windows 8 および Windows Server 2012 の強化されたセキュリティ機能によって、Visual Studio プロファイラーがこれらのプラットフォームでデータを収集する方法に大幅な変更が必要になりました。Enhanced security features in Windows 8 and Windows Server 2012 required significant changes in the way the Visual Studio profiler collects data on these platforms. UWP アプリにも新しい収集手法が必要です。UWP apps also require new collection techniques. Performance Tools on Windows 8 and Windows Server 2012 applications (Windows 8 および Windows Server 2012 アプリケーションのパフォーマンス ツール)」をご覧ください。See Performance Tools on Windows 8 and Windows Server 2012 applications.

サンプリング メソッドは、次のいずれかの手順を使用して指定できます。You can specify the sampling method by using one of the following procedures:

  • プロファイリング ウィザードの最初のページで [CPU サンプリング (推奨)] をクリックします。On the first page of the Profiling Wizard, click CPU Sampling (recommended).

  • パフォーマンス エクスプローラーのツールバーで、[メソッド] 一覧の [サンプリング] をクリックします。On the Performance Explorer toolbar, in the Method list, click Sampling.

  • パフォーマンス セッションの [プロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] ページで、[サンプリング] をクリックします。On the General page of the properties dialog box for the performance session, click Sampling.

一般的なタスクCommon Tasks

追加のオプションを、パフォーマンス セッションの [ パフォーマンス セッション][プロパティ ページ] ダイアログ ボックスで指定できます。You can specify additional options in the Performance SessionProperty Pages dialog box of the performance session. このダイアログ ボックスを開くには:To open this dialog box:

  • パフォーマンス エクスプローラーで、パフォーマンス セッション名を右クリックして [プロパティ]をクリックします。In Performance Explorer, right-click the performance session name, and then click Properties.

    次の表の各タスクでは、サンプリング メソッドを使用してプロファイリングを実行する際に、[パフォーマンス セッション][プロパティ ページ] ダイアログ ボックスで指定できるオプションについて説明しています。The tasks in the following table describe options that you can specify in the Performance SessionProperty Pages dialog box when you profile by using the sampling method.

タスクTask 関連するコンテンツRelated Content
[全般] ページで、.NET のメモリ割り当ておよび有効期間データ コレクションを追加し、生成されるプロファイリング データ (.vsp) ファイルの名前付けの詳細を指定します。On the General page, add .NET memory allocation and lifetime data collection, and specify naming details for the generated profiling data (.vsp) file. - .NET メモリの割り当ておよび有効期間データの収集- Collecting .NET Memory Allocation and Lifetime Data
- 方法: パフォーマンス データ ファイル名のオプションを設定する- How to: Set Performance Data File Name Options
[サンプリング] ページで、サンプリング速度を変更するか、プロセッサのクロック サイクルのサンプリング イベントを別のプロセッサ パフォーマンス カウンターを変更するか、または両方を変更します。On the Sampling page, change the sampling rate, change the sampling event from processor clock cycles to another processor performance counter, or change both.. - 方法 : サンプリング イベントを選択する- How to: Choose Sampling Events
コード ソリューション内に複数の .exe プロジェクトがある場合は、[起動] ページで、開始するアプリケーションおよび開始順序を指定します。On the Launch page, specify the application to start and the start order if you have multiple .exe projects in your code solution. - 階層相互作用データの収集- Collecting tier interaction data
[階層の相互作用] ページで、実行するプロファイリングで収集されるデータに ADO.NET 呼び出し情報を追加します。On the Tier Interaction page, add ADO.NET call information to the data collected in theprofiling run. - 階層相互作用データの収集- Collecting tier interaction data
[Windows イベント] ページで、サンプリング データと共に収集する 1 つ以上の ETW (Windows イベント トレーシング) イベントを指定します。On the Windows Events page, specify one or more Event Tracing for Windows (ETW) events to collect with the sampling data. - 方法: ETW (Event Tracing for Windows) データを収集する- How to: Collect Event Tracing for Windows (ETW) Data
[Windows カウンター] ページで、プロファイリング データをマークとして追加するオペレーティング システムのパフォーマンス カウンターを 1 つ以上指定します。On the Windows Counters page, specify one or more operating system performance counters to add to the profiling data as marks. - 方法 : Windows カウンター データを収集する- How to: Collect Windows Counter Data
アプリケーション モジュールで複数のバージョンを使用する場合は、[詳細] ページで、プロファイリングする .NET Framework ランタイムのバージョンを指定します。On the Advanced page, specify the version of the .NET Framework runtime to profile if your application modules use multiple versions. 既定では、最初に読み込まれたバージョンがプロファイリングされます。By default, the first version loaded is profiled. - 方法: side-by-side 実行でプロファイリングするように .NET Framework ランタイムを指定する- How to: Specify the .NET Framework Runtime