スレッドおよびプロセスの同時実行データの収集Collecting Thread and Process Concurrency Data

Visual StudioVisual Studio プロファイリング ツールの同時実行プロファイル メソッドを使用すると、プロファイリング対象のアプリケーションの機能がリソースへのアクセスを待機するすべての同期イベントに関する情報を含むリソース競合データを収集できます。The Visual StudioVisual Studio Profiling Tools concurrency profiling method enables you to collect resource contention data that includes information about every synchronization event that causes a function in the profiled application to wait for access to a resource.

RequirementsRequirements

  • Visual Studio UltimateVisual Studio UltimateVisual Studio PremiumVisual Studio PremiumVisual Studio ProfessionalVisual Studio Professional, Visual Studio PremiumVisual Studio Premium, Visual Studio ProfessionalVisual Studio Professional

    同時実行プロファイル メソッドは、次のいずれかの手順を使用して指定できます。You can specify the concurrency profiling method by using one of the following procedures:

  • プロファイリング ウィザードの最初のページで [同時実行] をクリックします。On the first page of the Profiling Wizard, click Concurrency

  • パフォーマンス セッションの [プロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] ページで、[同時実行] をクリックします。On the General page of the properties dialog box for the performance session, click Concurrency.

  • パフォーマンス エクスプローラーのツールバーで、[メソッド] 一覧の [同時実行] をクリックします。On the Performance Explorer toolbar, in the Method list, click Concurrency.

一般的なタスクCommon Tasks

追加のオプションを、パフォーマンス セッションの [ パフォーマンス セッション][プロパティ ページ] ダイアログ ボックスで指定できます。You can specify additional options in the Performance SessionProperty Pages dialog box of the performance session. このダイアログ ボックスを開くには:To open this dialog box:

  • パフォーマンス エクスプローラーで、パフォーマンス セッション名を右クリックして [プロパティ]をクリックします。In Performance Explorer, right-click the performance session name, and then click Properties.

    次の表の各タスクでは、同時実行メソッドを使用してプロファイリングを実行する際に、[パフォーマンス セッション][プロパティ ページ] ダイアログ ボックスで指定できるオプションについて説明しています。The tasks in the following table describe options that you can specify in the Performance SessionProperty Pages dialog box when you profile by using the concurrency method.

タスクTask 関連するコンテンツRelated Content
[全般] ページで、生成されるプロファイリング データ (.vsp) ファイルの名前付けの詳細を指定します。On the General page, specify naming details for the generated profiling data (.vsp) file. - 方法: パフォーマンス データ ファイル名のオプションを設定する- How to: Set Performance Data File Name Options
コード ソリューション内に複数の .exe プロジェクトがある場合は、[起動] ページで、開始するアプリケーションを指定します。On the Launch page, specify the application to start if you have multiple .exe projects in your code solution. - 方法 : 開始するバイナリを指定する- How to: Specify the Binary to Start
[階層の相互作用] ページで、プロファイリング実行に ADO.NET 呼び出しデータを追加します。On the Tier Interaction page, add ADO.NET call data to the profiling run. - 階層相互作用データの収集- Collecting tier interaction data
[Windows カウンター] ページで、プロファイリング データをマークとして追加するオペレーティング システムのパフォーマンス カウンターを 1 つ以上指定します。On the Windows Counters page, specify one or more operating system performance counters to add to the profiling data as marks. - 方法 : Windows カウンター データを収集する- How to: Collect Windows Counter Data
アプリケーション モジュールで複数のバージョンを使用する場合は、[詳細] ページで、プロファイリングする .NET Framework ランタイムのバージョンを指定します。On the Advanced page, specify the version of the .NET Framework run-time to profile if your application modules use multiple versions. 既定では、最初に読み込まれたバージョンがプロファイリングされます。By default, the first version loaded is profiled. - 方法: side-by-side 実行でプロファイリングするように .NET Framework ランタイムを指定する- How to: Specify the .NET Framework Runtime