Visual Studio IDE を使用した階層相互作用データの収集

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

階層相互作用プロファイリングにより、ADO.NET サービスを通じてデータベースと通信する多階層アプリケーションの関数の実行時間に関する追加情報が提供されます。 データは同期の関数呼び出しについてのみ収集されます。

Visual Studio のエディション

階層相互作用プロファイル データは、Visual Studio Ultimate、Visual Studio Premium、または Visual Studio Professional を使用して収集できます。 ただし、階層相互作用プロファイル データを表示できるのは、VS Ultimate および VS Premium のみです。

Windows 8 と Windows Server 2012

Windows 8 デスクトップ アプリおよび Windows Server 2012 アプリで階層相互作用データを収集するには、インストルメンテーション メソッドを使用する必要があります。 Windows ストア アプリの階層相互作用データを収集することはできません。 「Windows 8 および Windows Server 2012 アプリケーションのプロファイリング」を参照してください。 階層相互作用データは、サポートされている他のバージョンの Windows で、すべてのプロファイル方法に含めることができます。

パフォーマンス ウィザード

パフォーマンス ウィザードのバグのため、パフォーマンス エクスプローラーから、階層相互作用データの収集オプションをプロファイリング実行に追加する必要があります。 また、パフォーマンス エクスプローラーのターゲット ノードに、プロジェクト、実行可能ファイル、または Web サイトを追加する必要があります。

パフォーマンス セッションのプロパティ ページを使用して実行されるプロファイリングに階層相互作用データを追加するには

  1. パフォーマンス エクスプローラーで、コンテキスト メニューの [プロパティ] をクリックします。

  2. [階層の相互作用] ページを選択し、[階層の相互作用のプロファイルを有効にする] チェック ボックスをオンにします。

  3. パフォーマンス エクスプローラーで、[ターゲット] ノードを選択し、プロファイリングするプロジェクト、実行可能ファイル、または Web サイトを指定します。

参照

階層相互作用のビュー