コマンド ライン プロファイリング (サービスの)

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

ここでは、コマンド ラインから Visual Studio プロファイリング ツールを使用して Windows サービスのパフォーマンス データを収集する手順とオプションについて説明します。

注意

Windows 8 および Windows Server 2012 の強化されたセキュリティ機能によって、Visual Studio プロファイラーがこれらのプラットフォームでデータを収集する方法に大幅な変更が必要になりました。 Windows ストア アプリにも新しい収集手法が必要です。 「Windows 8 および Windows Server 2012 アプリケーションのプロファイリング」を参照してください。

一般的なタスク

タスク 関連するコンテンツ
アプリケーションの統計情報の収集: サンプリング メソッドを使用してパフォーマンス統計情報を収集します。 サンプリング データは、CPU の使用率に関する問題の分析や、アプリケーションの全般的なパフォーマンス特性の把握に役立ちます。 - サンプリングを使用したアプリケーション統計情報の収集
詳細なタイミング データの収集: インストルメンテーション メソッドを使用して詳細なタイミング データを収集します。 インストルメンテーション データは、IO に関する問題の分析や、アプリケーションのシナリオの詳細な分析に役立ちます。 - インストルメンテーションを使用した詳細なタイミング データの収集
.NET のメモリ データの収集: サンプリング メソッドまたはインストルメンテーション メソッドを使用して、.NET のメモリの割り当てデータを収集し、割り当てられたオブジェクトのサイズと数を調べます。 オブジェクトの有効期間データを収集して、ガベージ コレクションが生成されるたびに、解放されたオブジェクトのサイズと数を調べることもできます。 - .NET メモリ データの収集
同時実行データの収集: 同時実行メソッドを使用して、リソースの競合データとスレッドのアクティビティ データを収集し、CPU 使用率、スレッドの競合、スレッドの移行、同期の遅延、重複 I\/O の領域などのシステム イベントを調べます。 - 同時実行データの収集
階層相互作用データの追加: サービスが Microsoft SQL Server データベースに対して行う同期 ADO.NET 呼び出しに関するパフォーマンス データを追加できます。 - 階層相互作用データの収集

関連するタスク

タスク 関連するコンテンツ
スタンドアロン (クライアント) アプリケーションをプロファイリングする - スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング
ASP.NET アプリケーションをプロファイリングする - ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング