スタンドアロン アプリケーションのコマンド ラインによるプロファイリングCommand-line profiling of stand-alone applications

このセクションでは、コマンド ラインから Visual StudioVisual Studio プロファイリング ツールを使用して、スタンドアロン (クライアント) アプリケーションのパフォーマンス データを収集する手順とオプションについて説明します。This section describes the procedures and options for collecting performance data for stand-alone (client) applications by using the Visual StudioVisual Studio Profiling Tools from the command line.

一般的なタスクCommon tasks

タスクTask 関連コンテンツRelated content
アプリケーションの統計情報を収集する: サンプリング メソッドを使用してパフォーマンスの統計情報を収集します。Collect application statistics: Use the sampling method to collect performance statistics. サンプリング データは、CPU 使用率の問題を分析し、アプリケーションの全般的なパフォーマンス特性を理解する際に役立ちます。Sampling data is useful for analyzing CPU utilization issues and for understanding the general performance characteristics of an application. - サンプリングを使用したアプリケーション統計情報の収集- Collect application statistics using sampling
詳細なタイミング データの収集: インストルメンテーション メソッドを使用して詳細なタイミング情報を収集します。Collect detailed timing data: Use the instrumentation method to collect detailed timing information. インストルメンテーション データは、I/O の問題を分析し、アプリケーション シナリオを詳しく分析する場合に役立ちます。Instrumentation data is useful for analyzing I/O issues and for fine-grained analysis of application scenarios. - インストルメンテーションを使用した詳細なタイミング データの収集- Collect detailed timing data using instrumentation
.NET メモリ データの収集: サンプリングまたはインストルメンテーションを使用して .NET メモリ割り当てデータを収集し、割り当てられているオブジェクトのサイズと数を表示します。Collect .NET memory data: Use sampling or instrumentation to collect .NET memory allocation data that shows you the size and number of allocated objects. また、オブジェクトのサイズと数を表示するオブジェクト有効期間期間も収集できます。この情報は各ガベージ コレクションの生成で解放されます。You can also collect object lifetime data that shows you the size and number of objects that are reclaimed in each garbage collection generation. - .NET Framework メモリ データの収集- Collect .NET Framework memory data
同時実行データの収集: 同時実行メソッドを使用すると、リソース競合データとスレッド アクティビティ データを収集し、CPU 使用率、スレッド競合、スレッドの移行、同期の遅延、重複 I/O の領域などのシステム イベントを表示できます。Collect concurrency data: Use the concurrency method to collect resource contention data and thread activity data that shows you CPU utilization, thread contention, thread migration, synchronization delays, areas of overlapped I/O, and other system events. - 同時実行データの収集- Collect concurrency data
階層の相互作用データの追加: アプリケーションから Microsoft SQL ServerSQL Server データベースに対する同期 ADO.NET 呼び出しに関するパフォーマンス データを追加できます。Add tier-interaction data: You can add performance data about synchronous ADO.NET calls that the application made to a Microsoft SQL ServerSQL Server database. プロファイリングの実行に階層の相互作用データを追加するには、コマンド ライン プロファイリング ツールによる特定の手順が必要です。Adding tier interaction data to a profiling run requires specific procedures with the command line profiling tools. - 階層相互作用データを収集する- Collect tier interaction data
試す: サンプリング メソッドまたはインストルメンテーション メソッドを使用してサンプル クライアント アプリケーションをプロファイリングする手順を実行します。Try it out: Use step-by-step procedures to profile a sample client application by using the sampling or instrumentation method. - チュートリアル: サンプリングを使ったコマンド ライン プロファイリング- Walkthrough: Command-line profiling using sampling
- チュートリアル: インストルメンテーションを使ったコマンド ライン プロファイリング- Walkthrough: Command-line profiling using instrumentation
タスクTask 関連するコンテンツRelated Content
ASP.NET アプリケーションのプロファイリングProfile ASP.NET applications - ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング- Profile ASP.NET web applications
サービスのプロファイリングProfile services - サービスのプロファイリング- Profile services