パフォーマンス データ ファイルの比較

プロファイリング ツールのデータ ファイルの比較機能を使用すると、2 つのレポート ファイル (.VSP または .VSPS) を選択し、2 つのプロファイリング セッション間の違い、パフォーマンスの低下、および改善を示すレポートを生成できます。

Visual Studio プロファイリング ツールのデータ ファイルの比較レポートでは、あるプロファイリング データ ファイルの分析結果と、他のデータ ファイルの基準の分析結果を比較します。 両方のデータ ファイルは、同じプロファイリング メソッドで生成されている必要があります。 分析された比較のレポートは .vsps ファイル形式で保存されます。

比較レポート ビューには、変化したデータのテーブル ビューが表示されます。 テーブルは、差分、またはベースラインからの変化を表示します。 差分は、古い値、基準値と、新しい分析による結果の値との違いを測定して計算されます。

プロファイラーのデータの比較は、コード内の関数、アプリケーション内のモジュール、行、命令ポインター (IP)、および種類に基づいて作成できます。

比較に使用できるプロファイリング データには、列に表示される情報が含まれています。 これらの列名の定義については、「プロファイル ツールのレポート ビュー」を参照してください。

しきい値を設定して、ノイズを減らし、指定した量によって変更のない行の比較テーブル ビュー内のデータをフィルター処理することができます。

このセクションの内容

方法: パフォーマンス データ ファイルを比較する