同時実行ビジュアライザー マーカーConcurrency Visualizer Markers

同時実行ビジュアライザーのマーカーはアプリ内のイベントを表すアイコンです。In the Concurrency Visualizer, markers are icons that represent events in an app. 通常、アプリはこれらのイベントを生成して、アプリケーションでのフェーズまたは出現回数を指定します。Typically, the app generates these events to designate phases or occurrences in an application. アプリ、またはアプリで使用するライブラリとランタイムでイベントを生成することができます。The events can be generated by the app or by libraries and runtimes that the app uses.

マーカーの種類Kinds of Markers

同時実行ビジュアライザーでは、アプリケーション イベントを表す 3 種類のマーカー (フラグ、メッセージ、スパン) が使用されます。The Concurrency Visualizer uses three kinds of markers to represent application events: flags, messages, and spans.

  1. アプリの特定の時点を示す場合は、フラグを使用します。Use a flag to indicate an interesting point in time in your app. たとえば、変数値が特定のしきい値に達したことや、例外がスローされたことを表す場合はフラグを使用できます。For example, you might use a flag to represent that a variable value has reached a certain threshold or that an exception was thrown.

  2. メッセージも一定の時点をマークしますが、ログ スタイルのトレースで使用できます。A message also marks a point in time, but you can use it for log-style tracing. たとえば、ログ ファイルにダンプされている場合、メッセージ呼び出しでラップできるため、同時実行ビジュアライザーでトレースおよび表示することができます。For example, what might have been dumped to a log file you can now wrap in a message call so that you can trace it and view it in the Concurrency Visualizer. また、同時実行ビジュアライザーを使用して、このデータを CSV ファイルにエクスポートすることもできます。You can also use the Concurrency Visualizer to export this data to a CSV file.

  3. スパンは、いずれかのフェーズなど、アプリにおける時間間隔を表します。A span represents an interval of time in your app, for example, one of its phases.

スレッドへのマーカー リンケージMarker Linkage to Threads

マーカーを生成するスレッドにはそれぞれ別のタイムライン チャネルがあります。Each thread that generates markers has a separate timeline channel. マーカー イベントを生成するスレッドの ID は、マーカー チャネルの説明の横に表示されます。The ID of the thread that's responsible for generating the marker events is shown next to the description of the marker channel. マーカー チャネルの左側に表示される ID は、現在のプロセス内の別のスレッドの ID と一致します。The ID that's shown on the left side of the marker channel matches the ID of another thread in the current process.

マーカーの重要度Marker Importance

マーカーでは、4 つの重要度レベル (低、通常、高、重大) のいずれかを設定できます。Markers can have one of four importance levels: low, normal, high, and critical. 重要度レベルに基づいて、マーカーのソースをフィルター処理することができます。You can filter the sources of markers based on importance level. たとえば、重要度が通常または重大である特定のソースのみのマーカーを表示する場合、[詳細設定] ダイアログ ボックスでフィルターを構成することができます。マーカーの重要度はそのヒント、および [マーカー レポート] に表示されます。For example, if you only want to see markers from a particular source that has normal or critical importance, you can configure the filter in the Advanced Settings dialog box.The importance of a marker is displayed in its tooltip, and in the Markers Report.

マーカーのカテゴリMarker Category

マーカーのカテゴリは、同じソースからのマーカー イベントのグループを示します。A marker category indicates a group of marker events that come from the same source. 同時実行ビジュアライザーでは色を使用して、さまざまなカテゴリのフラグとスパンを区別します。The Concurrency Visualizer uses color to distinguish different categories of flags and spans. 特定のイベント プロバイダーからのマーカー イベントをフィルター処理するために、カテゴリを使用するように同時実行ビジュアライザーを構成することができます。You can configure the Concurrency Visualizer to use categories to filter the marker events from a particular event provider. フィルターを構成するには、[詳細設定] ダイアログ ボックスを使用します。Use the Advanced Settings dialog box to configure the filter.

マーカーの既知のソースKnown Sources of Markers

ETW プロバイダーは、特定の制約に準拠している限り、マーカーを生成できます。Any ETW provider can generate markers, as long as the provider adheres to certain constraints. マーカーの追加のイベント ソースをリッスンするように同時実行ビジュアライザーを構成することができます。You can configure the Concurrency Visualizer to listen to additional event sources for markers. 既定では、以下のイベント ソースをリッスンします。By default, it listens to these event sources:

EventSource からのマーカーMarkers from EventSource

同時実行ビジュアライザーでは、EventSource イベントも表示できます。The Concurrency Visualizer can also display EventSource events. 詳細については、「マーカーとしての EventSource イベントの視覚化」を参照してください。For more information, see Visualizing EventSource Events as Markers.

関連項目See Also

フラグ マーカー Flag Markers
メッセージ マーカー Message Markers
スパン マーカー Span Markers
マーカーとしての EventSource イベントの視覚化Visualizing EventSource Events as Markers