パフォーマンス セッションの構成Configuring Performance Sessions

Visual StudioVisual Studio のプロファイリング ツールを使用して、多くの種類のアプリケーションのさまざまなパフォーマンス データを収集することができます。By using Visual StudioVisual Studio Profiling Tools, you can collect a wide variety of performance data for a large number of application types. このセクションでは、パフォーマンス ウィザードおよびパフォーマンス セッションとターゲット バイナリのプロパティを使用して、対象のデータを収集するようにプロファイリング ツールを構成する方法を示します。This section shows you how to use the Performance Wizardand properties of the performance session and target binary to configure Profiling Tools to collect the data that interests you. プロファイリングを実行して収集するデータの量を制御するために、プロファイリング ツールの構成プロパティも使用できます。Profiling Tools configuration properties can also be used to control how much data is collected in a profiling run. 詳細については、「データ収集の制御」を参照してください。For more information, see Controlling Data Collection.

注意

多くの場合、パフォーマンス ウィザードの既定のプロパティを使用することは、プロファイル データを収集する効果的な方法です。In many cases, using the default properties of the Performance Wizard is an effective way of collecting profiling data. 詳細については、「パフォーマンス プロファイリングのビギナーズ ガイド」および「作業の開始」を参照してください。For more information, see Beginners Guide to Performance Profiling and Getting Started.

一般的なタスクCommon Tasks

タスクTask 関連するコンテンツRelated Content
基本のプロファイリング オプションを設定する: Microsoft シンボル サーバーを使用するように Visual StudioVisual Studio を構成する必要があります。Set the basic profiling options: You should configure Visual StudioVisual Studio to use the Microsoft symbol server. そうすることにより、現在のバージョンの Windows や他の Microsoft アプリケーションで、関数名やパラメーター名などのシンボルへのアクセスを確保できます。This will make sure that you have access to symbols, such as function and parameter names, for the current version of Windows and other Microsoft applications. プロファイリング セッションが開始する前に、プロファイリング ツールへのシステムのアクセス許可やプロファイル データ ファイルの名前など、他の一般的なオプションを指定することもできます。You can also specify other general options before a profiling session starts, such as system permissions to the profiling tools and the names of profiling data files. - 方法: Windows シンボル情報を参照する- How to: Reference Windows Symbol Information
- 方法: シンボル情報をシリアル化する- How to: Serialize Symbol Information
- 方法 : 現在のセッションを設定する- How to: Set the Current Session
- 方法: アクセス許可を設定する- How to: Set Permissions
- 方法: パフォーマンス データ ファイル名のオプションを設定する- How to: Set Performance Data File Name Options
収集するデータを指定する: プロファイリング セッションの構成に使用する手順は、プロファイル対象のアプリケーションの種類および収集するパフォーマンス データの種類によって異なります。Specify the data that you want to collect: The procedures that you use to configure a profiling session depend on the type of target application that you want to profile and the type of performance data that you want to collect. - 方法: 収集方法を選択する- How to: Choose Collection Methods
- サンプリングを使用したパフォーマンス統計情報の収集- Collecting Performance Statistics by Using Sampling
- .NET メモリの割り当ておよび有効期間データの収集- Collecting .NET Memory Allocation and Lifetime Data
- インストルメンテーションを使用した詳細なタイミング データの収集- Collecting Detailed Timing Data by Using Instrumentation
- 方法: Web ページ内の JavaScript コードをプロファイリングする- How to: Profile JavaScript Code in Web Pages
- スレッドおよびプロセスの同時実行データの収集- Collecting Thread and Process Concurrency Data
- 追加のパフォーマンス データの収集- Collecting Additional Performance Data
高度な構成オプションを設定する: 共通言語ランタイム (CLR) の複数のバージョンを読み込む .NET Framework アプリケーションに対してプロファイルを行う場合は、プロファイル対象のバージョンを指定できます。Set advanced configuration options: When you profile .NET Framework applications that load multiple versions of the common language run-time (CLR), you can specify which version to profile. パフォーマンス セッションに複数の .exe ファイルがある場合は、バイナリの開始順序を設定できます。When you have multiple .exe files in a performance session, you can set the start order of the binaries. - 方法: side-by-side 実行でプロファイリングするように .NET Framework ランタイムを指定する- How to: Specify the .NET Framework Runtime
- 方法 : 開始するバイナリを指定する- How to: Specify the Binary to Start

データ収集の制御Controlling Data Collection

関連項目See Also

パフォーマンス エクスプローラーPerformance Explorer