プロファイリング ツールのパフォーマンス セッションの構成

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

Visual Studio プロファイリング ツールを使用すると、さまざまな種類のアプリケーションのさまざまなパフォーマンス データを収集することができます。 ここでは、パフォーマンス ウィザードおよびパフォーマンス セッションとターゲット バイナリのプロパティを使用して、対象とするデータを収集するようにプロファイリング ツールを構成する方法を示します。 プロファイリング実行で収集するデータの量を制御するために、プロファイリング ツールの構成プロパティも使用できます。 詳細については、「データ収集の制御」を参照してください。

注意

多くの場合、パフォーマンス ウィザードの既定のプロパティを使用することは、プロファイリング データの収集に効果的な方法です。 詳細については、「パフォーマンス プロファイリングのビギナーズ ガイド」および「作業の開始」を参照してください。

一般的なタスク

タスク 関連するコンテンツ
基本のプロファイリング オプションを設定する: Microsoft シンボル サーバーを使用するように Visual Studio を構成する必要があります。 そうすることにより、Windows および他の Microsoft アプリケーションの現在のバージョンで、関数名やパラメーター名などのシンボルへのアクセスを確保できます。 プロファイリング セッションが開始する前に、プロファイリング ツールへのシステムのアクセス許可やプロファイリング データ ファイルの名前など、他の一般的なオプションを指定することもできます。 - 方法: Windows シンボル情報を参照する
- 方法: シンボル情報をシリアル化する
- 方法: 現在のプロファイリング セッションを設定する
- 方法 : プロファイリングのアクセス許可を設定する
- 方法: プロファイル データ ファイル名のオプションを設定する
収集するデータを指定する: プロファイリング セッションの構成に使用する手順は、プロファイル対象のアプリケーションおよび収集するパフォーマンス データの種類に応じて変わります。 - 方法 : 収集方法を選択する
- サンプリングを使用したパフォーマンス統計情報の収集
- .NET メモリの割り当ておよび有効期間データの収集
- インストルメンテーションを使用した詳細なタイミング データの収集
- 方法: Web ページ内の JavaScript (ECMA) コードをプロファイリングする
- スレッドおよびプロセスの同時実行データの収集
- 追加のパフォーマンス データの収集
高度な構成オプションを設定する: 共通言語ランタイム (CLR) の複数のバージョンを読み込む .NET Framework アプリケーションに対してプロファイルを行う場合は、プロファイルを行う対象のバージョンを指定できます。 パフォーマンス セッションに複数の .exe ファイルがある場合は、バイナリの開始順序を設定できます。 - 方法: side-by-side 実行でプロファイリングするように .NET Framework ランタイムを指定する
- 方法 : 開始するバイナリを指定する

関連項目

データ収集の制御

参照

プロファイリング ツールの使用