コア ビューCores View

コア ビューは、スレッドの実行が論理プロセッサ コアにどのようなマップされたかを示しています。The Cores View shows how thread execution was mapped to the logical processor cores. サーバー アプリケーションを開発している場合、このビューは、スレッド アフィニティまたはスレッド プール管理を使ってキャッシュのパフォーマンスを最適化するのに役立ちます。If you're writing server applications, this view can help you optimize cache performance by using thread affinity or thread pool management. また、スレッド アフィニティを使うことでコア間の移行の問題が悪化した可能性がある場合の調査にも役立ちます。It can also help you examine cases where the use of thread affinity may have worsened the problem of cross-core migration. コア ビューには、グラフと凡例の 2 つの部分があります。The Cores View has two parts, a graph and a legend.

グラフでは、Y 軸に論理コア、X 軸に時間が表示されます。The graph shows logical cores on the y-axis and time on the x-axis. グラフではすべてのスレッドに固有の色が使われていて、時間経過を追ってコア間のスレッドの移動を追跡できます。Every thread in the graph has a unique color so that you can track its movement across cores over time. 凡例領域でスレッドを選ぶことにより、このグラフ上のスレッドをフィルター処理できます。You can filter the threads on this graph by selecting them in the legend area.

凡例領域には、グラフの各色に対するエントリがあります。The legend area has an entry for each color in the graph. 各エントリには、スレッドの色と名前、クロスコア コンテキスト スイッチの数、コンテキスト スイッチの総数、およびクロスコア コンテキスト スイッチの割合が示されます。Each entry shows the thread color and name, the number of cross-core context switches, the total number of context switches, and the percentage of context switches that cross cores. 凡例は、クロスコア コンテキスト スイッチの数が多い順に並べられています。The legend is sorted by the number of cross-core context switches, in decreasing order. 表示されている時間範囲中に実行されたスレッドのみが一覧表示されます。It lists only the threads that executed during the displayed time range. ズームまたはパンすると、リストが更新されます。The list is updated if you zoom or pan.

関連項目See Also

同時実行ビジュアライザー Concurrency Visualizer
使用状況ビュー Utilization View
スレッド ビューThreads View