コア ビューの凡例Cores View Legend

コア ビューの凡例では、各スレッドが色と名前で示されます。The Cores View legend identifies each thread by color and name. クロスコアのコンテキスト スイッチの回数、コンテキスト スイッチの合計回数、クロスコアのコンテキスト スイッチの割合を示す列が含まれます。It includes columns that show counts for cross-core context switches, total context switches, and the percent of context switches that cross cores. 凡例の行は、クロスコアのコンテキスト スイッチの回数が多い順に並べられています。Rows in the legend are sorted by the number of cross-core context switches, in decreasing order.

凡例で行を選んで、タイムラインに表示されるスレッドをフィルター処理できます。You can select rows in the legend to filter the threads that are displayed in the timeline. 選んだスレッドのみがタイムラインに表示されます。Only the selected threads are shown in the timeline. 行を選ばないと、すべての行がタイムラインに表示されます。If no rows are selected, all rows are shown in the timeline.

同じ論理コア内でのコンテキスト スイッチより、クロスコアのコンテキスト スイッチの方が、オーバーヘッドとパフォーマンスのコストが大きくなります。Cross-core context switches cost more in overhead and performance than switches that remain on the same logical core. コンテキスト スイッチでは、プロセッサのレジスタが保存されて復元され、オペレーティング システムのカーネル コードが実行され、変換ルックアサイド バッファーのエントリが再度読み込まれて、プロセッサのパイプラインがフラッシュされます。During context switches, the processor registers are saved and restored, the operating system kernel code is executed, the translation lookaside buffer entries are reloaded, and the processor pipeline is flushed. クロスコアのコンテキスト スイッチでは、キャッシュ データが別のコア上のこのスレッドに対して無効なため、他のコンテキスト スイッチよりさらに負荷が大きくなります。Cross-core context switches can be even more expensive than other context switches because the cache data is not valid for this thread on another core. これに対し、同じコア上でのコンテキスト スイッチの場合は、有効なデータがまだキャッシュに存在する可能性があります。In contrast, if a thread is context-switched onto the core it previously ran on, it's likely that the useful data is still in the cache. スレッド アフィニティを管理しようとしてクロスコアのコンテキスト スイッチが増加し、パフォーマンスが低下する場合は、この問題に対処するかどうかを検討してください。When cross-core context switches have been increased by attempts to manage thread affinity and performance is degraded, consider whether to address this issue. 最初にスレッド アフィニティを除去して、クロスコアの動作を確認します。Start by eliminating thread affinity, and then observe the resulting cross-core behavior.

次の表では凡例の要素について説明します。The following table describes the legend elements.

要素Element 定義Definition
スレッド名Thread Name 前のコア タイムラインでのスレッドの色と、そのスレッドの名前が示されます。Shows the color of the thread in the previous cores timeline, and the name of that thread.
クロス コアのコンテキスト スイッチCross-Core Context Switches 異なる論理コア間で行われた、スレッドのコンテキスト スイッチの回数。The number of context switches for a thread that also switched from one logical core to another. 異なるプロセッサ ダイ間のクロスコア コンテキスト スイッチと、同じダイ上でのスイッチは、区別されません。It doesn't differentiate between cross-core context switches that cross from one processor die to another versus those that stay on the same die.
合計コンテキスト スイッチ数Total Context Switches サンプリング期間中に特定のスレッドでのコンテキスト スイッチの合計回数。The total number of context switches for a given thread during the sampling period. スレッドのコンテキストが変わるたびに (たとえば、実行から同期に)、コンテキスト スイッチが 1 回カウントされます。Each time a thread changes context (for example, from execution to synchronization) one context switch is counted.
クロス コアのコンテキスト スイッチの割合Percent of Context Switches that Cross Cores クロスコア コンテキスト スイッチの回数をコンテキスト スイッチの合計回数で割った割合として計算されます。Computed as a percentage by dividing the number of cross-core context switches by the number of total context switches. この割合が高いほど、この特定のスレッドのパフォーマンスに対するクロスコア コンテキスト スイッチのオーバーヘッドの全体的な影響が大きくなります。The higher this percentage, the greater the overall effect of the overhead of cross-core context switches on the performance of this particular thread.

関連項目See Also

コア ビューCores View