カウンターCounter

Counter オプションは、プロセッサ (ハードウェア) のパフォーマンス カウンターからデータを収集します。The Counter option collects data from processor (hardware) performance counters.

  • サンプリング プロファイリング メソッドを使っているときは、Counter でオンチップ パフォーマンス カウンターと、サンプリング間隔として使うカウンター イベントの数を指定します。When you are using the sampling profiling method, Counter specifies the on-chip performance counter and the number of counter events to use as the sampling interval. サンプリングを使っているときは、指定できるカウンターは 1 つだけです。You can specify only one counter when you are using sampling.

  • インストルメンテーション プロファイリング メソッドを使っているときは、前回と今回の収集イベントの間に発生したカウンター イベントの数が、プロファイラー レポートでは独立したフィールドとして表示されます。When you are using the instrumentation profiling method, the number of counter events that occurred in the interval between the previous and current collection events are listed as separate fields in profiler reports. インストルメンテーションを使っている場合は、複数の Counter オプションを指定できます。Multiple Counter options can be specified when you are using instrumentation.

    プロセッサの種類ごとに、ハードウェア パフォーマンス カウンターの固有のセットがあります。Each processor type has its own set of hardware performance counters. プロファイラーでは、ほぼすべてのプロセッサに共通する汎用パフォーマンス カウンターのセットが定義されています。The profiler defines a set of generic performance counters that are common to almost all processors. コンピューターの汎用カウンターおよびプロセッサ固有カウンターの一覧を見るには、VSPerfCmd QueryCounters コマンドを使ってください。To list the generic and processor-specific counters on your computer, use the VSPerfCmd QueryCounters command.

構文Syntax

VSPerfCmd.exe {/Launch:AppName | /Attach PID} /Counter:Name[,Reload[,FriendlyName]][Options]  
VSPerfCmd.exe /Start:Method /Counter:Name[,Reload[,FriendlyName]][/Counter:Name[,Reload[,FriendlyName]]][Options]  

パラメーターParameters

Name
カウンターの名前。The name of the counter. コンピューターで使用可能なカウンターの名前の一覧を表示するには、VSPerfCmd.exe の /QueryCounters オプションを使ってください。Use the VSPerfCmd.exe /QueryCounters option to list the names of available counters on the computer.

Reload
サンプリング間隔におけるカウンター イベントの数。The number of counter events in the sampling interval. インストルメンテーション メソッドでは使わないでください。Do not use with the instrumentation method.

FriendlyName
(省略可能) プロファイラーのレポートおよびビューの列見出しで Name の代わりに使う文字列。(Optional) The string to use in place of Name in the column headers of profiler reports and views.

必須オプションRequired Options

Counter オプションは、次のいずれかのオプションと併用することだけが可能です。The Counter option can only be used with one of the following options:

Start: TraceStart: Trace
インストルメンテーション メソッドを使うようにプロファイラーを初期化します。Initializes the profiler to use the instrumentation method.

Launch: AppNameLaunch: AppName
指定したアプリケーションとプロファイラーを開始します。Starts the specified application and the profiler. プロファイラーは、サンプリング メソッドを使うように初期化する必要があります。The profiler must be initialized to use the sampling method.

Attach: PIDAttach: PID
プロファイラーを開始し、プロセス ID で指定したプロセスにアタッチします。Starts the profiler and attaches it to the process specified by the process ID. プロファイラーは、サンプリング メソッドを使うように初期化する必要があります。The profiler must be initialized to use the sampling method.

Example

サンプリング メソッドの例では、汎用プロファイラー カウンター NonHaltedCycles が 1000 回発生するごとにアプリケーションをサンプリングする方法を示します。The sampling method example demonstrates how to sample an application at every 1000 occurrences of the generic profiler counter NonHaltedCycles.

インストルメンテーション メソッドの例では、L2InstructionFetches カウンター イベントを収集するようにプロファイラーを初期化する方法を示します。The instrumentation method example demonstrates how to initialize the profiler to collect L2InstructionFetches counter events. L2InstructionFetches というカウンター名はプロセッサに固有です。The L2InstructionFetches counter name is specific to the processor.

; Sample Method Example  
VSPerfCmd.exe /Start:Sample /Output:TestApp.exe.vsp  
VSPerfCmd.exe /Launch:TestApp.exe /Counter:NonHaltedCycles,1000,"Non-Halted Cycles"  

;INSTRUMENTATION METHOD EXAMPLE  
VSPerfCmd.exe /Start:Trace /Output:TestApp.exe.vsp /Counter:L2InstructionFetches,,"L2 Cache Instruction Fetches"  

参照See Also

VSPerfCmd VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング Profiling Stand-Alone Applications
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング Profiling ASP.NET Web Applications
プロファイリング (サービスの)Profiling Services