カウンター

Counter オプションは、プロセッサ (ハードウェア) のパフォーマンス カウンターからデータを収集します。

  • サンプリング プロファイリング メソッドを使っているときは、Counter でオンチップ パフォーマンス カウンターと、サンプリング間隔として使うカウンター イベントの数を指定します。 サンプリングを使っているときは、指定できるカウンターは 1 つだけです。

  • インストルメンテーション プロファイリング メソッドを使っているときは、前回と今回の収集イベントの間に発生したカウンター イベントの数が、プロファイラー レポートでは独立したフィールドとして表示されます。 インストルメンテーションを使っている場合は、複数の Counter オプションを指定できます。

    プロセッサの種類ごとに、ハードウェア パフォーマンス カウンターの固有のセットがあります。 プロファイラーでは、ほぼすべてのプロセッサに共通する汎用パフォーマンス カウンターのセットが定義されています。 コンピューターの汎用カウンターおよびプロセッサ固有カウンターの一覧を見るには、VSPerfCmd QueryCounters コマンドを使ってください。

構文

VSPerfCmd.exe {/Launch:AppName | /Attach PID} /Counter:Name[,Reload[,FriendlyName]][Options]  
VSPerfCmd.exe /Start:Method /Counter:Name[,Reload[,FriendlyName]][/Counter:Name[,Reload[,FriendlyName]]][Options]  

パラメーター

Name
カウンターの名前。 コンピューターで使用可能なカウンターの名前の一覧を表示するには、VSPerfCmd.exe の /QueryCounters オプションを使ってください。

Reload
サンプリング間隔におけるカウンター イベントの数。 インストルメンテーション メソッドでは使わないでください。

FriendlyName
(省略可能) プロファイラーのレポートおよびビューの列見出しで Name の代わりに使う文字列。

必須オプション

Counter オプションは、次のいずれかのオプションと併用することだけが可能です。

Start: Trace
インストルメンテーション メソッドを使うようにプロファイラーを初期化します。

Launch: AppName
指定したアプリケーションとプロファイラーを開始します。 プロファイラーは、サンプリング メソッドを使うように初期化する必要があります。

Attach: PID
プロファイラーを開始し、プロセス ID で指定したプロセスにアタッチします。 プロファイラーは、サンプリング メソッドを使うように初期化する必要があります。

サンプリング メソッドの例では、汎用プロファイラー カウンター NonHaltedCycles が 1000 回発生するごとにアプリケーションをサンプリングする方法を示します。

インストルメンテーション メソッドの例では、L2InstructionFetches カウンター イベントを収集するようにプロファイラーを初期化する方法を示します。 L2InstructionFetches というカウンター名はプロセッサに固有です。

; Sample Method Example  
VSPerfCmd.exe /Start:Sample /Output:TestApp.exe.vsp  
VSPerfCmd.exe /Launch:TestApp.exe /Counter:NonHaltedCycles,1000,"Non-Halted Cycles"  

;INSTRUMENTATION METHOD EXAMPLE  
VSPerfCmd.exe /Start:Trace /Output:TestApp.exe.vsp /Counter:L2InstructionFetches,,"L2 Cache Instruction Fetches"  

関連項目

VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング
プロファイリング (サービスの)