移植可能なプロファイル データ ファイルのコマンド ラインからの作成

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

プロファイル データの共有を簡単に行うために、VSPerfReport コマンド ライン ツールを使用して、プロファイリング実行用のシンボルを .vsp ファイル内に埋め込むことができます。

また、容量が小さく、IDE への読み込みも速い解析済みプロファイル データ (.vsps) ファイルを作成することもできます。

注意

シンボル (.pdb) ファイルが VSPerfReport から使用できる状態であることを確認してください。 詳細については、「方法: コマンド ラインからシンボル ファイルの場所を指定する」を参照してください。

VSReport へのパスの詳細については、「コマンド ライン ツールへのパスの指定」を参照してください。

.vsps ファイル内のプロファイル データは、フィルター処理できません。

プロファイリング実行用のシンボルをプロファイル データ (.vsp) ファイルに埋め込むには

  • コマンド プロンプト ウィンドウで、次のコマンドを入力します。

    <パスの>VSPerfReport <VSP ファイル>\/PackSymbols

    既定では、.vsps ファイルの名前は .vsp ファイルの基本名を使用して決定されます。 別の名前を指定するには、Output オプションを使用します。

サマリー プロファイル データ ファイルを作成するには

  • コマンド プロンプト ウィンドウで、次のコマンドを入力します。

    <パスの>VSPerfReport <VSP ファイル>のファイル名>\/Output:<\/SummaryFile[]

    既定では、.vsps ファイルの名前は .vsp ファイルの基本名を使用して決定されます。 別の名前を指定するには、Output オプションを使用します。