移植可能なプロファイル データ ファイルのコマンド ラインからの作成Creating Portable Profiling Data Files from the Command Line

プロファイル データの共有を簡単に行うために、VSPerfReport コマンドライン ツールを利用し、プロファイリング実行用のシンボルを .vsp ファイル内に埋め込むことができます。To make sharing of profiling data easier, you can use the VSPerfReport command-line tool to embed the symbols for a profiling run into the .vsp file.

また、サイズが小さく、IDE にすばやく読み込むことのできる解析済みプロファイル データ (.vsps) ファイルを作成することもできます。You can also create a pre-analyzed profiling data (.vsps) file that is smaller and is quicker to load in the IDE.

注意

シンボル (.pdb) ファイルが VSPerfReport で利用できることを確認します。Make sure the symbol (.pdb) files are available to VSPerfReport. 詳細については、「方法: コマンド ラインからシンボル ファイルの場所を指定する」を参照してください。For more information, see How to: Specify Symbol File Locations from the Command Line.

VSReport のパスの詳細については、「コマンド ライン ツールへのパスの指定」をご覧ください。For information about the path to VSReport, see Specifying the Path to Command Line Tools.

.vsps ファイルのプロファイリング データはフィルター処理できません。The profiling data in a .vsps file cannot be filtered.

プロファイリング実行のシンボルをプロファイリング データ (.vsp) ファイルに組み込むにはTo embed the symbols for a profiling run into a profiling data (.vsp) file

  • [コマンド プロンプト] ウィンドウで、次のコマンドを入力します。At a command prompt window, type the following command:

    <Path>VSPerfReport <VSP File> /PackSymbols<Path>VSPerfReport <VSP File> /PackSymbols

    既定では、.vsps ファイルには、.vsp ファイルのベース名で名前が付けられます。By default, the .vsps file is named with the base name of the .vsp file. Output オプションを利用し、代替名を指定できます。You can specify an alternative name by using the Output option.

概要プロファイリング データ ファイルを作成するにはTo create a summary profiling data file

  • [コマンド プロンプト] ウィンドウで、次のコマンドを入力します。At a command prompt window, type the following command:

    <Path>VSPerfReport <VSP File> /SummaryFile [/Output:<File Name>]<Path>VSPerfReport <VSP File> /SummaryFile [/Output:<File Name>]

    既定では、.vsps ファイルには、.vsp ファイルのベース名で名前が付けられます。By default, the .vsps file is named with the base name of the .vsp file. Output オプションを利用し、代替名を指定できます。You can specify an alternative name by using the Output option.