コマンド ラインからのプロファイラー レポートの作成Creating Profiler Reports from the Command Line

VSPerfReport コマンド ライン ツールを使用すると、プロファイル データ (.vsp) ファイルから .xml レポートまたはコンマ区切り値 (.csv) レポートを作成できます。The VSPerfReport command-line tool enables you to create .xml or comma-separated value (.csv) reports from profiling data (.vsp) files. VSPerfReport のレポートの種類は、Visual StudioVisual Studio のインターフェイスのテーブル ベースのビューとほぼ同じです。VSPerfReport report types closely match the table-based views of the interface for Visual StudioVisual Studio. レポートをフィルター処理して、コードのみを表示したり、プロファイル データ ファイルのセグメントのみを表示したりできます。You can filter the report to show only your code and to show only a segment of the profiling data file. 詳細については、「VSPerfReport」を参照してください。For more information, see VSPerfReport.

また、.vsp ファイルにシンボルを埋め込んだり、サイズが小さく、すばやく開くことのできる解析済みレポート (.vsps) ファイルを作成することにより、プロファイル データ ファイルを簡単に共有できます。You can also make your profiling data files easier to share by embedding symbols in the .vsp files and by creating pre-analyzed report (.vsps) files that are smaller and quicker to open.

一般的なタスクCommon Tasks

タスクTask 関連するコンテンツRelated Content
基本的なレポートを作成する。Create a basic report. VSPerfReport レポートのすべての種類またはサブセットを作成します。Create all or a subset of the VSPerfReport report types. - 基本的なレポートの作成- Creating Basic Reports
2 つのプロファイル データ ファイルを比較する。Compare two profiling data files. 2 つのプロファイル データ ファイルのパフォーマンス データを比較する "比較" レポートを作成します。Create a "diff" report that compares performance data in two profiling data files. - 方法: コマンド プロンプトからプロファイラー比較レポートを作成する- How to: Create a Profiler Comparison Report from a Command Prompt
コール トレース データおよび ETW (Event Trace for Windows) データを表示する。View call trace and Event Trace for Windows (ETW) data. アプリケーションの関数に対する各エントリ ポイントと終了ポイント、および実行中の関数から他の関数に対する各呼び出しのタイミング情報を一覧表示するコール トレース レポートを作成します。Create a call trace report that lists timing information for each entry and exit point to your application's functions and each call to other functions by your function. または、プロファイリング実行で収集されたすべての ETW イベントの詳細な一覧を作成します。Or create a detailed listing of all ETW events that were collected in a profiling run. - 方法: コール トレース レポートを作成する- How to: Create a Call Trace Report
レポートをフィルター処理する。Filter a report. レポートの内容を、コード内の関数のみまたはプロファイル データ ファイル内の特定の時刻のみに制限します。Limit a report to only the functions in your code or to a specific time in the profiling data file. - 方法: コマンド ラインからレポートをフィルター処理する- How to: Filter Reports from the Command Line
移植可能なプロファイル データ ファイルを作成する。Create portable profiling data files. プロファイル データの共有を簡単に行うために、プロファイリング実行用のシンボルを .vsp ファイル内に埋め込むことができます。To make sharing of profiling data easier, you can embed the symbols for a profiling run into the .vsp file. また、サイズが小さく、すばやく開くことのできる解析済みプロファイル データ (.vsps) ファイルを作成することもできます。You can also create a pre-analyzed profiling data (.vsps) file that is smaller and quicker to open. - 移植可能なプロファイル データ ファイルの作成- Creating Portable Profiling Data Files