コマンド ラインからのプロファイラー レポートの作成

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

VSPerfReport コマンド ライン ツールを使用すると、プロファイル データ (.vsp) ファイルから .xml レポートまたはコンマ区切り値 (.csv) レポートを作成できます。 VSPerfReport のレポートの種類は、Visual Studio のインターフェイスのテーブル ベースのビューとほぼ同じです。 レポートをフィルター処理して、コードのみを表示したり、プロファイル データ ファイルのセグメントのみを表示したりできます。 詳細については、「VSPerfReport」を参照してください。

また、.vsp ファイルにシンボルを埋め込んだり、サイズが小さく、すばやく開くことのできる解析済みレポート (.vsps) ファイルを作成することにより、プロファイル データ ファイルを簡単に共有できます。

一般的なタスク

タスク 関連するコンテンツ
基本的なレポートを作成する。VSPerfReport レポートのすべての種類またはサブセットを作成します。 - 基本的なレポートの作成
2 つのプロファイル データ ファイルを比較する。2 つのプロファイル データ ファイルのパフォーマンス データを比較する "比較" レポートを作成します。 - 方法: コマンド プロンプトからプロファイラー比較レポートを作成する
コール トレース データおよび ETW (Event Trace for Windows) データを表示する。アプリケーションの関数に対する各エントリ ポイントと終了ポイント、および実行中の関数から他の関数に対する各呼び出しのタイミング情報を一覧表示するコール トレース レポートを作成します。 または、プロファイリング実行で収集されたすべての ETW イベントの詳細な一覧を作成します。 - 方法: コール トレース レポートを作成する
レポートをフィルター処理する。レポートの内容を、コード内の関数のみまたはプロファイル データ ファイル内の特定の時刻のみに制限します。 - 方法: コマンド ラインからレポートをフィルター処理する
移植可能なプロファイル データ ファイルを作成する。プロファイル データの共有を簡単に行うために、プロファイリング実行用のシンボルを .vsp ファイル内に埋め込むことができます。 また、サイズが小さく、すばやく開くことのできる解析済みプロファイル データ (.vsps) ファイルを作成することもできます。 - 移植可能なプロファイル データ ファイルの作成