CrossSessionCrossSession

VSPerfCmd.exe CrossSession オプションを使用すると、プロファイラーはあらゆるコンソール セッションからデータを収集できます。The VSPerfCmd.exe CrossSession option enables the profiler to collect data from any console session. CrossSession オプションは、Start オプションと共に使用する必要があります。The CrossSession option must be used with the Start option.

CrossSession の代わりに省略形の CS を利用できます。You can use the abbreviation CS in place of CrossSession.

構文Syntax

VSPerfCmd.exe /Start:Method /CrossSession [Options]  

パラメーターParameters

なしNone

有効なオプションValid Options

別のセッションでプロファイリングを有効にするには、CrossSession オプションは Start オプションと共に指定する必要があります。To enable profiling in another session, the CrossSession option must be specified with the Start option. CrossSession は、後続の VSPerfCmd Attach コマンドと Detach コマンドでも指定する必要があります。CrossSession must also be specified in any subsequent VSPerfCmd Attach and Detach commands.

Start: MethodStart: Method
Start オプションは、指定したプロファイル方法にプロファイラーを初期化します。The Start option initializes the profiler to the specified profiling method.

Attach: PID[,PID]Attach: PID[,PID]
指定されたプロセスのプロファイリングを開始します。Begins profiling the specified processes.

Detach[:PID[,PID]]Detach[:PID[,PID]]
指定されたプロセスのプロファイリングを停止します。Stops profiling the specified processes.

Example

この例では、別のコンソール セッションで開始されたアプリケーションにアタッチするために CrossSession オプションが使用されます。In this example, the CrossSession option is used to attach to an application that was started in another console session.

VSPerfCmd.exe /Start:Sample /Output:TestApp.exe.vsp /CrossSession  
VSPerfCmd.exe /Attach:12345 /CS  

関連項目See also

VSPerfCmd VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング Profile stand-alone applications
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング Profile ASP.NET web applications
サービスのプロファイリングProfile services