プロファイリング ツールのレポート ビューのカスタマイズ

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

このセクションでは、Visual Studio プロファイリング ツールで生成されるレポートのカスタマイズ方法について説明します。

一般的なタスク

タスク 関連するコンテンツ
レポート ビューでの、列の追加、列の削除、および列の並べ替え: テーブル ベースのビューに表示する列を指定できます。また、列の表示順序を指定することもできます。 さらに、レポートの表の行を、列の値で並べ替えることもできます。 - 方法: レポート ビューの列をカスタマイズする
レポートからの小規模関数の削除: 指定したしきい値を下回る関数をレポートから削除できます。 - 方法: レポート ビューでノイズ除去を設定する
レポート ビューのデータのフィルター処理: レポートに表示されるデータをプロファイリング実行の時間セグメントに限定できます。 概要ビューのタイムライン グラフで時間セグメントを指定するか、レポート ビュー フィルターで定義するクエリで時間セグメントを指定することができます。 また、コード ファイルで定義された関数だけを表示するように、レポートをフィルター処理することもできます。 - レポート ビューのフィルター処理
- 方法: 概要ビューのタイムラインからレポート ビューをフィルター処理する
- 方法: レポート ビューをフィルター処理してマイ コードのみを表示する
- プロファイリング ツールのレポート ビュー フィルター

関連項目

プロファイル ツールのレポート ビュー
プロファイル データの分析に使用できるビューについて説明します。

参照

プロファイリング ツール データの分析