CvCreateMarkerSeriesWithCodePageA 関数CvCreateMarkerSeriesWithCodePageA Function

指定されたプロバイダーとコード ページに対してマーカー系列を作成します。Creates marker series for a given provider and specifed code page. この関数を利用し、マーカー API ANSI 関数で書き出されたテキストに対してコード ページを明示的に指定できます。This function can be used to specify the code page explicitly for the text written out by marker API ANSI functions. コード ページを設定することは、ロケールや言語が異なる別のコンピューターでトレースを記録し、解析するときに役立ちます。Setting the code page can be useful in case the trace is captured and then analyzed on different machines with different locales/languages. 既定では、GetACP() 関数により返されるコード ページが使用されます。By default the code page returned by GetACP() function is used.

構文Syntax

HRESULT CvCreateMarkerSeriesWithCodePageA(  
   _In_ PCV_PROVIDER pProvider,  
   _In_ LPCSTR pSeriesName,  
   _In_ UINT nTextCodePage,  
   _Out_ PCV_MARKERSERIES* ppMarkerSeries  
);  

パラメーターParameters

pProvider
CvInitProvider により以前に初期化されたプロバイダー オブジェクト。Provider object previously initialized by CvInitProvider. Null は指定できません。Cannot be NULL.

pSeriesName
マーカー系列名。Marker series name. NULL は指定できませんが、空の文字列は指定できます。Cannot be NULL but empty string is allowed.

nTextCodePage
有効なコード ページ。Valid code page.

ppMarkerSeries
マーカー系列コンテキストを格納する出力変数のアドレス。Address of an output variable which will store marker series context. Null は指定できません。Cannot be NULL.

戻り値Return Value

マーカー系列が作成されると S_OK を、エラーが発生した場合はエラー コードを返します。S_OK when marker series is successfully created or error code in case there were any errors. SUCCEEDED/FAILED マクロを使用し、エラーの状態を確認します。Use SUCCEEDED/FAILED macros to check for error condition.

要件Requirements

ヘッダー: cvmarkers.hHeader: cvmarkers.h

関連項目See Also

C++ ライブラリ リファレンスC++ Library Reference