CvWriteAlert 関数

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

同時実行ビジュアライザーのトレース ファイルに警告を書き込みます。

構文

HRESULT CvWriteAlertW(  
    _In_reads_bytes_(16) PCV_MARKERSERIES pMarkerSeries,  
    _In_ PCWSTR pMessage,  
    ...  
    );  

HRESULT CvWriteAlertA(  
    _In_reads_bytes_(16) PCV_MARKERSERIES pMarkerSeries,  
    _In_ PCSTR pMessage,  
    ...  
    );  

HRESULT CvWriteAlertVW(  
    _In_reads_bytes_(16) PCV_MARKERSERIES pMarkerSeries,  
    _In_ PCWSTR pMessage,  
    _In_ va_list argList);  

HRESULT CvWriteAlertVA(  
    _In_reads_bytes_(16) PCV_MARKERSERIES pMarkerSeries,  
    _In_ PCSTR pMessage,  
    _In_ va_list argList);  

パラメーター

argList
引数のリスト。

pMarkerSeries
有効なマーカーのシリーズのコンテキスト。 NULL にすることはできません。

pMessage
メッセージ形式の文字列。 NULL にすることはできません。

戻り値

メッセージが正常に作成された場合は、S_OK を返します。 エラーがある場合はエラー コード。 エラー条件をチェックするために SUCCEEDED\/FAILED マクロを使用します。

必要条件

ヘッダー: cvmarkers.h

Unicode: CvWriteAlertW、CvWriteAlertVW

ANSI: CvWriteAlertA、CvWriteAlertVA

参照

C++ ライブラリ リファレンス