DA0004: プロセッサ使用率が高くなっています

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

規則 ID DA0004
分類 プロファイリング ツールの使用
プロファイル方法 インストルメンテーション

サンプリング
メッセージ プロセッサ使用率が 75% を超えた状態が続いています。 CPU 主体のアプリケーションに適したサンプリング モードを使用することを検討してください。
規則の種類 情報

サンプリング、.NET メモリ、またはリソース競合メソッドを使用してプロファイリングを行うときは、この規則を呼び出すためのサンプルを少なくとも 10 個収集する必要があります。

原因

プロセッサ (CPU) 使用率の大きな割合を、インストルメンテーション メソッドを使用して収集されたプロファイル データが占めていました。 CPU 主体のアプリケーションをプロファイリングするときは、サンプリング プロファイリング方式の使用を検討してください。

規則の説明

このプロファイリングの実行中、プロセッサは常にビジー状態でした。 CPU 使用率はが高い場合、CPU 主体のアプリケーションであることを示している可能性があります。 インストルメント化によるプロファイリングは、通常、CPU 使用シナリオの調査には効果的ではありません。 ほとんどの時間をプロセッサ上の命令の実行に費やすアプリケーションをプロファイリングする場合、通常はサンプリングの方が効果的です。

違反の修正方法

関数のタイミングが必要な場合、またはプロセッサのボトルネックよりも入出力に関心がある場合以外は、インストルメンテーション メソッドではなく、サンプリング メソッドでアプリケーションのプロファイリングをやり直すことを検討してください。