DA0030: データベース プロジェクトの階層の相互作用の測定を収集します。DA0030: Gather Tier Interaction measurements for database projects

規則 IDRule Id DA0030DA0030
カテゴリCategory プロファイリング ツールの使用Profiling Tools Usage
プロファイル方法Profiling method サンプリングSampling
メッセージMessage 多層アプリケーションの相互作用の測定値を収集すると、データベースの使用パターンと重要なデータのアクセス遅延を知ることができます。Gathering interaction measurements for multi-tiered applications will help you understand database usage patterns and key data access delays. 階層の相互作用のプロファイル オプションを有効にして、再度アプリケーションのプロファイリングを試みてください。Try profiling the application again with the Tier Interaction Profiling option enabled.
規則の種類Rule type 情報Information

原因Cause

System.Data メソッドの呼び出しがプロファイル データの大きな割合を占めているため、プロファイリングの実行中に階層の相互作用データが収集されませんでした。Calls to System.Data methods are a significant proportion of the profiling data and you have not collected tier interaction data in the profiling run. プロファイリングを再度実行し、階層の相互作用データを追加することを検討してください。Consider profiling again and adding tier interaction data.

規則の説明Rule Description

この規則は、System.Data 名前空間 (System.Data.LinqSystem.Data.Linq を含む) に常駐する関数内で、重要なアクティビティが発生するたびに適用されます。This rule fires whenever there is significant activity in functions that reside in the System.Data namespaces, including System.Data.LinqSystem.Data.Linq.

多階層アプリケーションは、アプリケーションのプレゼンテーションとデータ レイヤー用に複数層のサービスを使用します。Multi-tiered applications use layered services for their presentation and data layers. 多くの場合、データ レイヤーは、Microsoft SQL Server などのデータベース管理システムを実行する独立したプロセスです。Often the data layer is a separate process running a database management system such as Microsoft Sql Server. データ レイヤーは、個別のコンピューター上でアプリケーションの途中から実行することもできます。The data layer might even be running on a separate machine from the rest of the application. サンプリング プロファイルの場合、アウトプロセスまたはリモートで実行されるサービスや関数の内部まで詳しく確認することはできません。Sampling profiles provide little insight into functions and services running out-of-process or remotely.

プロファイリング ツールで ADO.NET サービスへの非同期呼び出しを使用すると、Microsoft SQL Server のデータ レイヤーとの対話を行う多階層アプリケーションのタイミング情報を収集できます。The profiling tools can gather timing information for multi-tiered applications that are interacting with a Microsoft Sql Server data layer using asynchronous calls to ADO.NET services. その場合、[階層の相互作用のプロファイルを有効にする] オプションを有効にする必要があります。You must explicitly enable Tier Interaction Profiling. このオプションは、既定ではオフになっています。It is not turned on by default.

違反の修正方法How to Fix Violations

この規則は情報提供用であるため、是正措置は必要ない場合があります。This rule is for information only, and might not require corrective action.

Visual Studio IDE から階層の相互作用データをプロファイル データに追加する方法については、「階層相互作用データの収集」を参照してください。For information about how to add tier interaction data to profiling data from the Visual Studio IDE, see Collecting tier interaction data. コマンド ラインから階層の相互作用データを追加する方法の詳細については、「階層相互作用データの収集」を参照してください。For information about how to add tier interaction data from the command line, see Collecting tier interaction data.