DA0503: プロセスのワーキング セット平均バイト数がプロファイリングされていますDA0503: Average Working Set in Bytes for the Process being profiled

規則 IDRule Id DA0503DA0503
カテゴリCategory リソース監視Resource Monitoring
プロファイル方法Profiling method すべてAll
メッセージMessage この情報は、情報提供のためにのみ収集されました。This information was gathered for information only. Process Working Set カウンターは、プロファイリングを行っているプロセスによる物理メモリの使用量を測定します。The Process Working Set counter measures physical memory usage by the process that you are profiling. 報告される値は、全測定期間を通じて計算された平均値です。The value reported is the average computed over all measurement intervals.
規則の種類Rule type 情報Information

サンプリング、.NET メモリ、またはリソース競合メソッドを使用してプロファイリングを行うときは、この規則を呼び出すためのサンプルを少なくとも 10 個収集する必要があります。When you profile by using the sampling, .NET memory, or resource contention methods, you must collect at least 10 samples to trigger this rule.

規則の説明Rule Description

このメッセージにより、プロセスが現在使用している物理メモリ量 (ワーキング セット) の平均がバイト単位で報告されます。This message reports the average amount of physical memory that the process is currently using in bytes (the working set). プロセスのワーキング セットは、物理メモリに現在常駐しているプロセス アドレス空間のページを表します。The process working set represents pages from the process address space that currently reside in physical memory.

報告された値には、プロセスが参照する共有メモリ セグメントの常駐ページが含まれます。The reported value includes resident pages from shared memory segments that the process has referenced. プロセスが参照する共有 DLL は、測定対象の共有メモリ セグメントに含まれます。Shared DLLs that the process references are included in the shared memory segments that are counted. プロセスのワーキング セットの値は、プロセスによって割り当てられた仮想メモリ量よりも大きくなる場合があります。これは、共有メモリ セグメントが存在するためです。The value of the process working set can be higher than the amount of virtual memory that the process has allocated because of shared memory segments.

プロファイリング中のプロセスがアクティブな状態にあるすべての測定間隔を通じて取得された値の平均値が、このメッセージによって報告されます。The reported value is the average over all the measurement intervals in which the process being profiled was active.

プロセスのワーキング セットのサイズには、プロセスが現在使用している仮想メモリ量が反映されます。The size of the process working set reflects how much virtual memory the process is actively using. これは、アプリケーションの実行に使用できる物理メモリ (または RAM) の量と、実行中の他のプロセスによる物理メモリの競合の影響も受けます。It is also affected by the amount of physical memory (or RAM) available to run the application and contention for that physical memory from other running processes. 物理メモリが制約されている場合、オペレーティング システムがプロセス ワーキング セットの非アクティブなページを定期的に適切にトリミングして、アクティブなプロセス全体でメモリ使用量を均衡化するため、プロセス ワーキング セットの値は大幅に変わる傾向があります。If physical memory is constrained, the value of the process working set is apt to vary significantly as the operating systems tries to balance memory usage across active processes by periodically trimming fairly inactive pages from process working sets.

プロセスのワーキング セットの詳細については、MSDN の Windows のメモリ管理のドキュメントの「Working Set」 (ワーキング セット) を参照してください。For more information about process working sets, see Working Set in the Windows Memory Management documentation of MSDN.

規則データの使用方法How to Use Rule Data

規則の値を使用して、特定のプログラムの異なるバージョンやビルドを比較したり、さまざまなプロファイリング シナリオにおけるアプリケーションのパフォーマンスを確認したりします。Use the rule value to compare the performance of different versions or builds of the program or to understand the performance of the application under different profiling scenarios.

[エラー一覧] ウィンドウに表示されたメッセージをダブルクリックして、プロファイル データの [マーク] ビューのビューに移動します。Double-click the message in the Errors List window to navigate to the Marks View view of the profiling data. Process\Working Set 列と Memory\Pages/sec 列を見つけます。Find the Process\Working Set and the Memory\Pages/sec columns. 2 つの列を比較し、ページングの入出力アクティビティの増加に関連すると思われる特定のプログラムの実行のフェーズがあるかどうかを確認します。Compare the two columns and determine if there are specific phases of program execution that appear to be associated with increased paging IO activity.