Detach

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

VSPerfCmd.exe の Detach オプションを使用すると、指定したプロセス、またはすべてのプロセス (何も指定しない場合) からプロファイラーがデタッチされます。 プロファイリング実行は、サンプリング メソッドを使用して初期化されている必要があります。

Launch オプションまたは Attach オプションを指定して開始されたプロファイリング実行は、Detach を使用して切り離すことができます。 後で Attach コマンドを使用することにより、プロファイラーを再アタッチできます。

Detach は、プロファイル データ ファイルを閉じません。 プロファイリング実行を終了し、データ ファイルを閉じるには、Shutdown オプションを使用します。

注意

Start オプションと共に Crosssession オプションが指定されている場合は、VSPerfCmd \/Attach または VSPerfCmd \/Detach への呼び出しでも Crosssession を指定する必要があります。

構文

VSPerfCmd.exe /Detach[:PIDs|ProcessNames]  

パラメーター

PIDs|ProcessNames
PID - 1 つ以上のプロセスの数値のシステム ID。

ProcessNames - プロセスの名前。 この名前付きのプロセスの複数インスタンスが実行中の場合、結果は予測できません。

複数のプロセスを指定するときは、コンマで区切ります。

プロセスが指定されない場合、プロファイルされているすべてのプロセスからプロファイラーがデタッチされます。

有効なオプション

Attach オプションと組み合わせて 1 行のコマンド ラインで指定できる VSPerfCmd オプションを次に示します。

Crosssession
ログオン セッション以外のセッションにおけるアプリケーションのプロファイリングを有効にします。 Start オプションと共に Crosssession オプションが指定された場合は必須です。

使用例

この例では、Detach コマンドでプロファイリング実行が中断され、Shutdown コマンドでプロファイラー データ ファイルが閉じられます。

VSPerfCmd.exe /Start:Sample /Output:TestApp.exe.vsp  
VSPerfCmd.exe /Launch:TestApp.exe  
;REM Excercise the application  
VSPerfCmd.exe /Detach  
VSPerfCmd.exe /Shutdown  

参照

VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング
プロファイリング (サービスの)