Events (VSPerfCmd)Events (VSPerfCmd)

VSPerfCmd.exe Events オプションは、Windows イベント トレーシング (ETW) のログ記録を制御します。The VSPerfCmd.exe Events option controls Event Tracing for Windows (ETW) logging. ETW データは、プロファイラー データ ファイルとは別の .etl ファイルに保存されます。ETW data is saved to an .etl file that is separate from the profiler data file. このデータは、VSPerfReport /summary:etw コマンドを利用し、レポートで表示できます。The data can be viewed in a report using the VSPerfReport /summary:etw command.

Events オプションは、VSPerfCmd Shutdown コマンドが呼び出され、プロファイリングを停止する前にいつでも呼び出すことができます。The Events option can be called at any time before the VSPerfCmd Shutdown command is called to stop profiling.

構文Syntax

VSPerfCmd.exe /events {On|Off} {Guid|ProviderName} [,Flags[,Level]  

パラメーターParameters

On|OffOn|Off
イベント データの収集を開始または停止します。Starts or stops collecting event data.

Guid
プロバイダー コントロールの GUID。The GUID of the provider control.

ProviderName
Windows Management Instrumentation (WMI) に登録されているプロバイダーの名前。The name of the provider that is registered with Windows Management Instrumentation (WMI).

Flags
イベント プロバイダーによって定義され、先頭に "0x" が付く 16 進数のフラグ値。A "0x"-prefixed hexadecimal flags value that is defined by the event provider.

Level
収集されるデータの量を指定します。Specifies the amount of data collected. Level はイベント プロバイダーによって定義されます。Level is defined by the event provider.

Events オプションは、プロバイダー名として次のカーネル キーワードを理解します。The Events option understands the following kernel keywords as provider names:

ProcessProcess
プロセス イベントProcess events

スレッドThread
スレッド イベントThread events

イメージImage
イメージのロードとアンロード イベントImage load and unload events

DiskDisk
ディスク I/O イベントDisk I/O events

ファイルFile
ファイル I/O イベントFile I/O events

HardfaultHardfault
ハード ページ フォールトHard page faults

PagefaultPagefault
ソフト ページ フォールトSoft page faults

NetworkNetwork
ネットワーク イベントNetwork events

RegistryRegistry
レジストリ アクセス イベントRegistry access events

カーネル プロバイダーのみを有効にできます。Note that the Kernel Provider can only be enabled. モニターがシャットダウンするまで、無効にできません。そのフラグを変更することもできません。It cannot be disabled, nor can its flags be modified, until the monitor shuts down.

コメントRemarks

注意

CLR ETW イベントが有効になっていると、追加のスタートアップ データがトレース ビュー レポートでも集められます。When CLR ETW events are enabled, additional startup data is also collected in the Trace View report. スタートアップ イベントがレポートに表示されないようにするには、次のコマンドを使用します。To exclude startup events from appearing in the report, use the following command:

C:\<path>VSPerfCmd -events on, \".NET Common Language Runtime\", 0x7fffffff, 5  

重要

スタートアップ イベントを除外しない場合、スタートアップ イベントは管理オブジェクト フォーマット (MOF) ファイルに一覧表示されないため、レポートに GUID として表示されます。If you do not exclude the startup events, then because these events are not listed in the Managed Object Format (MOF) file, they appear as GUIDs in the report. 詳細については、Microsoft Web サイトの「Sample Managed Object Format (MOF) File」 (管理オブジェクト フォーマット (MOF) ファイルのサンプル) を参照してください。For more information, see this page on the Microsoft Web site: Sample Managed Object Format (MOF) File.

関連項目See Also

VSPerfCmd VSPerfCmd
スタンドアロン アプリケーションのプロファイリング Profiling Stand-Alone Applications
ASP.NET Web アプリケーションのプロファイリング Profiling ASP.NET Web Applications
プロファイリング (サービスの)Profiling Services