実行時間 (スレッド ビュー)

スレッド ビュー タイムラインのこれらのセグメントは、スレッドがシステムの論理コア上で動作中である場合、実行時間を表します。

スレッド ステータスの変更は、カーネル コンテキスト スイッチ イベントを介して検出されます。 Windows イベント トレーシング (ETW) でミリ秒ごとにサンプル履歴がキャプチャされます。 非常に短い緑のセグメントでは、サンプルが取得されない可能性があります。 そのため、一部の短い実行セグメントには、呼び出し履歴が表示されない場合があります。

実行セグメントをクリックすると、同時実行ビジュアライザーがクリックの位置に最も近いサンプル履歴を表示します。 そのサンプル履歴の場所は、タイムラインの上に黒の矢印 (キャレット) で示され、サンプル履歴が [現在] タブに表示されます。

現在のビューのすべての実行セグメントについて、従来のサンプリング プロファイルを参照するには、表示されているタイムライン プロファイルで [実行] をクリックします。

関連項目

実行プロファイル レポート
スレッド ビュー