パフォーマンス ツールの概要

ここでは、Visual Studio パフォーマンス ツールを使用してコード パフォーマンスの収集、表示、および分析を行うときに適用する概念とタスクの概要を説明します。

これらのツールでは、パフォーマンス データを収集および分析するための、いくつかの方法が提供されます。 ただし多くの場合、コード内のパフォーマンスの問題を特定するアプリケーションの統計情報を収集できるパフォーマンス ウィザードの既定の設定を使用することが最も良い開始方法です。

  • パフォーマンスの警告は、コードの一般的な問題を通知します。 警告は、Visual Studio のエラー ウィンドウに表示されます。 表示された警告から、ソース コードに移動したり、より効率的なコードを記述するのに役立つ詳細なヘルプ トピックを確認したりできます。

  • パフォーマンス レポートには、ソース コード行からプロセスまで、さまざまなレベルのアプリケーション構造を表示するビューや、特定の関数の呼び出し元関数と呼び出された関数からアプリケーション全体のコール ツリーまで、プログラム実行データを表示するビューがあります。

一般的なタスク

タスク 関連するコンテンツ
アプリケーションまたは Web サイトの迅速なプロファイリング: Visual Studio ソリューションまたは Web サイトのプロファイリング セッションを構成および実行するには、パフォーマンス ウィザードを使用します。 - パフォーマンス プロファイリングのビギナーズ ガイド
- 方法: Web サイトのパフォーマンス データを収集する
ウィザードを使用しない、アプリケーションのプロファイリング: パフォーマンス セッションのプロパティ ページを使用してパフォーマンス セッションを作成する方法を学びます。 - 方法: パフォーマンス セッションを手動で作成する
実習: サンプル アプリケーションをプロファイリングして実践的に練習します。 - チュートリアル: パフォーマンスの問題を特定する
- PeopleTrax サンプル

関連項目

概要
パフォーマンス ツール データの分析
パフォーマンス規則を使用したデータの分析
パフォーマンス セッションの構成