方法: コマンド ラインを使用してプロファイラーをネイティブ サービスにアタッチし、アプリケーションの統計情報を収集するHow to: Attach the profiler to a native service to collect application statistics by using the command line

この記事では、Visual StudioVisual Studio プロファイル ツールのコマンド ライン ツールを使用して、プロファイラーをネイティブ サービスにアタッチし、サンプリング メソッドによってパフォーマンスに関する統計情報を収集する方法について説明します。This article describes how to use the Visual StudioVisual Studio Profiling Tools command-line tools to attach the profiler to a native service and collect performance statistics by using the sampling method.

注意

Windows 8 および Windows Server 2012 の強化されたセキュリティ機能によって、Visual Studio プロファイラーがこれらのプラットフォームでデータを収集する方法に大幅な変更が必要になりました。Enhanced security features in Windows 8 and Windows Server 2012 required significant changes in the way the Visual Studio profiler collects data on these platforms. UWP アプリにも新しい収集手法が必要です。UWP apps also require new collection techniques. Windows 8 および Windows Server 2012 アプリケーションのパフォーマンス ツール」を参照してください。See Performance Tools on Windows 8 and Windows Server 2012 applications.

注意

プロファイル ツールのコマンド ライン ツールは、Visual StudioVisual Studio インストール ディレクトリの \Team Tools\Performance Tools サブディレクトリにあります。Command-line tools of the Profiling Tools are located in the \Team Tools\Performance Tools subdirectory of the Visual StudioVisual Studio installation directory. 64 ビット コンピューター上では、64 ビット バージョンのツールと 32 ビット バージョンのツールの両方を使用できます。On 64-bit computers, both 64-bit and 32-bit versions of the tools are available. プロファイラー コマンド ライン ツールを使用するには、コマンド プロンプト ウィンドウの PATH 環境変数にツールのパスを追加するか、コマンド自体にそれを追加します。To use the profiler command-line tools, you must add the tools path to the PATH environment variable of the command prompt window or add it to the command itself. 詳細については、コマンド ライン ツールへのパスの指定に関するページを参照してください。For more information, see Specify the path to command line tools.

プロファイラーをサービスにアタッチしている間はデータ コレクションを一時停止し、完了後に再開できます。While the profiler is attached to the service, you can pause and resume data collection.

プロファイル セッションを終了するには、プロファイラーをサービスからデタッチし、プロファイラーを明示的に終了する必要があります。To end a profiling session, the profiler must be detached from the service and the profiler must be explicitly shut down.

プロファイラーによるアプリケーションの起動Start the application with the profiler

プロファイラーをネイティブ サービスにアタッチするには、VSPerfCmd.exe/start オプションおよび /attach オプションを使用して、プロファイラーを初期化し、ターゲット アプリケーションにアタッチします。To attach the profiler to a native service, you use the VSPerfCmd.exe/start and /attach options to initialize the profiler and attach it to the target application. /start/attach、およびそれぞれのオプションは、1 つのコマンド ラインで指定できます。You can specify /start and /attach and their respective options on a single command line. /globaloff オプションを追加して、対象アプリケーションの起動時にデータ収集を一時停止することもできます。You can also add the /globaloff option to pause data collection at the start of the target application. その後、/globalon を使用してデータの収集を開始できます。You can then use /globalon to begin collecting data.

プロファイラーをネイティブ サービスにアタッチするにはTo attach the profiler to a native service

  1. 起動の必要なサービスがあれば起動します。If necessary, start the service.

  2. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。Open a command prompt window.

  3. プロファイラーを起動します。Start the profiler. 型:Type:

    VSPerfCmd /start:sample /output : OutputFile [Options]VSPerfCmd /start:sample /output : OutputFile [Options]

    • /start:sample オプションによってプロファイラーが初期化されます。The /start:sample option initializes the profiler.

    • /start を使用するには、/output:OutputFile オプションを指定する必要があります。The /output:OutputFile option is required with /start. OutputFile には、プロファイル データ (.vsp) ファイルの名前と場所を指定します。OutputFile specifies the name and location of the profiling data (.vsp) file.

      /start:sample オプションを使用する場合は、次のうちいずれかのオプションを指定できます。You can use any of the following options with the /start:sample option.

    注意

    /user オプションと /crosssession オプションは、通常、サービスで必要です。The /user and /crosssession options are usually required for services.

    オプションOption 説明Description
    /user :[Domain\]UserName/user :[Domain\]UserName プロファイリングされたプロセスを所有するアカウントのドメインおよびユーザー名を指定します。Specifies the domain and user name of the account that owns the profiled process. このオプションは、ログオンしているユーザーとは別のユーザーがプロセスを実行している場合にのみ指定する必要があります。This option is required only if the process is running as a user other than the logged on user. プロセスの所有者は、Windows タスク マネージャーの [プロセス] タブの [ユーザー名] 列に表示されます。The process owner is listed in the User Name column on the Processes tab of Windows Task Manager.
    /crosssession/crosssession 他のセッションにおけるプロセスのプロファイリングを有効にします。Enables profiling of processes in other sessions. このオプションは、アプリケーションが別のセッションで実行されている場合に必要です。This option is required if the application is running in a different session. セッション ID は、Windows タスク マネージャーの [プロセス] タブの [セッション ID] 列に表示されます。The session id is listed in the Session ID column on the Processes tab of Windows Task Manager. /crosssession の省略形として、/CS を指定することができます。/CS can be specified as an abbreviation for /crosssession.
    /wincounter : WinCounterPath/wincounter : WinCounterPath プロファイリング実行中に収集する Windows パフォーマンス カウンターを指定します。Specifies a Windows performance counter to be collected during profiling.
    /automark : Interval/automark : Interval /wincounter との組み合わせでのみ使用します。Use with /wincounter only. Windows パフォーマンス カウンター コレクション イベントの間隔をミリ秒単位で指定します。Specifies the number of milliseconds between Windows performance counter collection events. 既定値は 500 ミリ秒です。Default is 500 ms.
    /events : Config/events : Config プロファイリング実行中に収集する ETW (Event Tracing for Windows) イベントを指定します。Specifies an Event Tracing for Windows (ETW) event to be collected during profiling. ETW イベントは独立した (.etl) ファイルに収集されます。ETW events are collected in a separate (.etl) file.
  4. プロファイラーをサービスにアタッチします。Attach the profiler to the service. 型:Type:

    VSPerfCmd /attach: PID [Sample Event]VSPerfCmd /attach: PID [Sample Event]

    PID には、対象アプリケーションのプロセス ID を指定します。PID specifies the process ID of the target application. Windows タスク マネージャーで、実行中のすべてのプロセスのプロセス ID を参照できます。You can view the process IDs of all running processes in Windows Task Manager.

    既定では、パフォーマンス データはプロセッサのクロック サイクル数 10,000,000 (停止なし) ごとにサンプリングされます。By default, performance data is sampled every 10,000,000 non-halted processor clock cycles. このため、1 GHz のプロセッサでは 10 秒ごとに約 1 回です。This is approximately once every 10 seconds on a 1GH processor. 次のオプションのいずれかを指定すると、クロック サイクルの間隔の変更や、別のサンプリング イベントの指定ができます。You can specify one of the following options to change the clock cycle interval or to specify a different sampling event.

    サンプリング イベントSample Event 説明Description
    /timer : Interval/timer : Interval サンプリングの間隔を、Interval で指定された停止なしのクロック サイクル数に変更します。Changes the sampling interval to the number of non-halted clock cycles specified by Interval.
    /pf[:Interval]/pf[:Interval] サンプリング イベントをページ フォールトに変更します。Changes the sampling event to page faults. Interval を指定した場合は、サンプル間のページ フォールト数が設定されます。If Interval is specified, sets the number of page faults between samples. 既定値は 10 です。Default is 10.
    /sys [:Interval]/sys [:Interval] サンプリング イベントを、プロセスからオペレーティング システムのカーネルへのシステム コール (syscall) に変更します。Changes the sampling event to system calls from the process to the operating system kernel (syscalls). Interval を指定した場合は、サンプル間の呼び出し回数が設定されます。If Interval is specified, sets the number of calls between samples. 既定値は 10 です。Default is 10.
    /counter : Config/counter : Config サンプリング イベントと間隔を、プロセッサのパフォーマンス カウンターと、Config で指定した間隔に、それぞれ変更します。Changes the sampling event and interval to the processor performance counter and interval specified in Config.

データ収集の制御Control data collection

対象アプリケーションの実行中に、VSPerfCmd.exe のオプションを使用して、プロファイラー データ ファイルへのデータの書き込みを開始および停止できます。While the target application is running, you can use VSPerfCmd.exe options to start and stop the writing of data to the profiler data file. データ コレクションを制御することにより、アプリケーションの起動や終了など、プログラム実行の特定の部分についてのデータ コレクションを行うことができます。Controlling data collection enables you to collect data for a specific part of program execution, such as starting or shutting down the application.

データ コレクションを開始および停止するにはTo start and stop data collection

  • 次に示す VSPerfCmd のオプションの組み合わせにより、データ収集を開始および停止します。The following pairs of VSPerfCmd options start and stop data collection. 個別のコマンド ラインで各オプションを指定します。Specify each option on a separate command line. データ収集のオンとオフは複数回切り替えることができます。You can turn data collection on and off multiple times.

    オプションOption 説明Description
    /globalon /globaloff/globalon /globaloff すべてのプロセスのデータ収集を開始 (/globalon) または停止 (/globaloff) します。Starts (/globalon) or stops (/globaloff) data collection for all processes.
    /processon : PID /processoff : PID/processon : PID /processoff : PID プロセス ID (PID) で指定されたプロセスのデータ収集を開始 (/processon) または停止 (/processoff) します。Starts (/processon) or stops (/processoff) data collection for the process specified by the process ID (PID).
    /attach: {PID|ProcName} /detach[:{PID|ProcName}]/attach: {PID|ProcName} /detach[:{PID|ProcName}] /attach は、プロセス ID またはプロセス名で指定したプロセスのデータ収集を開始します。/attach starts to collect data for the process specified by the process ID or process name. /detach は、指定されたプロセスのデータ収集を停止します。プロセスが指定されていない場合は、すべてのプロセスのデータ収集を停止します。/detach stops data collection for the specified process, or for all processes if a process is not specified.

プロファイル セッションの終了End the profiling session

プロファイル セッションを終了するには、プロファイラーをサービスからデタッチし、明示的に終了する必要があります。To end a profiling session, the profiler must be detached from the service and then explicitly shut down. サービスを停止するか VSPerfCmd /detach オプションを呼び出すことによって、サンプリング メソッドでプロファイリングが実行されているネイティブ サービスをデタッチできます。You can detach native service that is being profiled with the sampling method by stopping the service or by calling the VSPerfCmd /detach option. 次に、VSPerfCmd /shutdown オプションを呼び出して、プロファイラーをオフにし、プロファイル データ ファイルを閉じます。You then call the VSPerfCmd /shutdown option to turn the profiler off and close the profiling data file.

プロファイル セッションを終了するにはTo end a profiling session

  1. 対象アプリケーションからプロファイラーをデタッチするには、次のいずれかの操作を行います。Do one of the following to detach the profiler from the target application:

    • サービスを停止します。Stop the service.

      - または --or-

    • VSPerfCmd /detach と入力しますType VSPerfCmd /detach

  2. プロファイラーをシャットダウンします。Shut down the profiler. 型:Type:

    VSPerfCmd /shutdownVSPerfCmd /shutdown

関連項目See also

サービスのプロファイリング Profile services
サンプリング メソッドのデータ ビューSampling method data views