方法 : サンプリング イベントを選択するHow to: Choose Sampling Events

既定では、Visual StudioVisual Studio プロファイリング ツールは、プロファイリングされるプロセスによって使用されるプロセッサ サイクルの数として指定された間隔でパフォーマンス データを収集します。By default, the Visual StudioVisual Studio Profiling Tools collects performance data at an interval that is specified as a number of processor cycles that are used by the profiled process. 既定の間隔のサイクル数は 10,000,000 です。これは、1 GHz のコンピューターで約 0.01 秒に相当します。The default number of cycles in an interval is 10,000,000, which is approximately 0.01 seconds on a 1 GH computer. 間隔のサイクル数とサンプル イベントは変更できます。You can change the number of cycles in an interval, and you can change the sample event. 次のサンプル イベントを使用できます。The following sample events are available:

  • クロック サイクル - CPU バインドの問題用。Clock cycles - for CPU-bound problems.

  • ページ フォールト - メモリ関連の問題用。Page faults - for memory-related problems.

  • システム コール - I/O 関連の問題用。System calls - for I/O-related problems.

  • パフォーマンス カウンター - 低レベルのパフォーマンスの問題用の CPU カウンター。Performance counter - CPU counters for low-level performance problems.

重要

サンプリング方法を使用して .NET メモリ データ (割り当てかオブジェクトの有効期間、またはその両方) を収集する場合、ユーザーが指定したサンプリング イベントはすべて無視され、適切なメモリの割り当てイベントかガベージ コレクション イベント、またはその両方を使用してデータが収集されます。If you are collecting .NET memory data (allocations or object lifetimes, or both) by using the sampling method, all user-specified sampling events are ignored and the appropriate memory allocations or garbage collection events, or both, are used to collect data.

サンプル イベントを選択するにはTo select a sample event

  1. パフォーマンス エクスプローラーで、パフォーマンス セッションを右クリックして、 [プロパティ]をクリックします。In Performance Explorer, right-click the performance session, and then click Properties.

  2. [プロパティ ページ] で、[サンプリング] プロパティをクリックします。In the Property Pages, click the Sampling properties.

  3. [サンプル イベント] ドロップダウン リストで、アプリケーションのプロファイリングに使用するサンプル イベントを選択します。From the Sample event drop-down list, select the sample event you want to use to profile your application.

    注意

    [利用可能なパフォーマンス カウンター] は、[サンプル イベント] ドロップダウン リストの [パフォーマンス カウンター] を選択した場合のみ有効です。The Available performance counters are enabled only if you select Performance counter from the Sample event drop-down list.

  4. [パフォーマンス カウンター] を選択した場合、[使用可能なパフォーマンス カウンター] ツリー ビュー コントロールから、特定の CPU カウンターを選択します。If you select Performance counter, select a specific CPU counter from the Available performance counters tree view control.

    • [Portable Events] ノードのカウンターは、すべての種類のプロセッサで使用できます。Counters in the Portable Events node are available on all types of processors.

    • [Platform Events] ノードのカウンターは、現在のコンピューター上のプロセッサに固有であるため、他の種類のプロセッサでは使用できない場合があります。Counters in the Platform Events node are specific to the processor on the current computer and might not be available on other types of processors.

  5. サンプル イベントを選択すると、[サンプリング間隔] テキスト ボックスに既定のサンプリング間隔の値が表示されます。When you select a sample event, a default sampling interval value is displayed in the Sampling interval text box. 必要に応じて、テキスト ボックスに希望の値を入力できます。If necessary, you can enter the value that you want in the text box.

関連項目See Also

パフォーマンス セッションの構成 Configuring Performance Sessions
方法: 収集方法を選択する How to: Choose Collection Methods
CPU カウンターと Windows カウンター CPU and Windows Counters
サンプリング データ値について Understanding Sampling Data Values
コマンド ラインからのプロファイリングProfiling from the Command-Line