方法 : サンプリング イベントを選択する

既定では、Visual Studio プロファイリング ツールは、プロファイリングされるプロセスによって使用されるプロセッサ サイクルの数として指定された間隔でパフォーマンス データを収集します。 既定の間隔のサイクル数は 10,000,000 です。これは、1 GHz のコンピューターで約 0.01 秒に相当します。 間隔のサイクル数とサンプル イベントは変更できます。 次のサンプル イベントを使用できます。

  • クロック サイクル - CPU バインドの問題用。

  • ページ フォールト - メモリ関連の問題用。

  • システム コール - I/O 関連の問題用。

  • パフォーマンス カウンター - 低レベルのパフォーマンスの問題用の CPU カウンター。

重要

サンプリング方法を使用して .NET メモリ データ (割り当てかオブジェクトの有効期間、またはその両方) を収集する場合、ユーザーが指定したサンプリング イベントはすべて無視され、適切なメモリの割り当てイベントかガベージ コレクション イベント、またはその両方を使用してデータが収集されます。

サンプル イベントを選択するには

  1. パフォーマンス エクスプローラーで、パフォーマンス セッションを右クリックして、 [プロパティ]をクリックします。

  2. [プロパティ ページ] で、[サンプリング] プロパティをクリックします。

  3. [サンプル イベント] ドロップダウン リストで、アプリケーションのプロファイリングに使用するサンプル イベントを選択します。

    注意

    [利用可能なパフォーマンス カウンター] は、[サンプル イベント] ドロップダウン リストの [パフォーマンス カウンター] を選択した場合のみ有効です。

  4. [パフォーマンス カウンター] を選択した場合、[使用可能なパフォーマンス カウンター] ツリー ビュー コントロールから、特定の CPU カウンターを選択します。

    • [Portable Events] ノードのカウンターは、すべての種類のプロセッサで使用できます。

    • [Platform Events] ノードのカウンターは、現在のコンピューター上のプロセッサに固有であるため、他の種類のプロセッサでは使用できない場合があります。

  5. サンプル イベントを選択すると、[サンプリング間隔] テキスト ボックスに既定のサンプリング間隔の値が表示されます。 必要に応じて、テキスト ボックスに希望の値を入力できます。

関連項目

パフォーマンス セッションの構成
方法: 収集方法を選択する
CPU カウンターと Windows カウンター
サンプリング データ値について
コマンド ラインからのプロファイリング