方法: ETW (Event Tracing for Windows) データを収集する

Event Tracing for Windows (ETW) は、プロファイラー ログ カーネルやアプリケーション定義イベントを有効にする、効率的なカーネル レベルのトレース機能です。 イベント プロバイダーから収集したデータは、VSPerfReport コマンド ライン ツールの /Summary:ETW オプションを使用した場合のみ表示されます。 このレポートを使用すると、アプリケーション内でパフォーマンスの問題が発生した場所を特定できます。

Requirements

  • Visual Studio Ultimate 、Visual Studio Premium、Visual Studio Professional
注意

Windows 8 および Windows Server 2012 の強化されたセキュリティ機能によって、Visual Studio プロファイラーがこれらのプラットフォームでデータを収集する方法に大幅な変更が必要になりました。 Windows ストア アプリにも新しい収集手法が必要です。 「Windows 8 および Windows Server 2012 アプリケーションのパフォーマンス ツール」を参照してください。

イベント トレース プロバイダーを有効にするには

  1. パフォーマンス エクスプローラーで、パフォーマンス セッションを右クリックして、 [プロパティ]をクリックします。

  2. [プロパティ ページ]で、[Windows イベント] プロパティをクリックします。

  3. [Select event trace provider to collect data from] (データを収集するイベント トレース プロバイダーを選択する) 一覧で、アプリケーションのプロファイリングに使用するイベント プロバイダーを選択します。

関連項目

パフォーマンス セッションの構成