方法 : Windows カウンター データを収集する

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

Windows カウンターは、プロファイル中に一定間隔で収集できるシステム パフォーマンス カウンターです。 プロファイル ツール レポートのマーク ビューでは、データ収集の間隔ごとに [AutoMark] のラベルが行に付けられます。 この行には、その間隔でのパフォーマンス カウンター値を示す列が含まれます。 2 個の具体的なマーク間の時間を分析するには、マークを選択して右クリックし、ショートカット メニューの [ マーク] -> を [フィルター方法] を選択します。

要件

  • Visual Studio Ultimate , Visual Studio Premium, Visual Studio Professional
注意

Windows 8 および Windows Server 2012 の強化されたセキュリティ機能によって、Visual Studio プロファイラーがこれらのプラットフォームでデータを収集する方法に大幅な変更が必要になりました。 Windows ストア アプリにも新しい収集手法が必要です。 「Windows 8 および Windows Server 2012 アプリケーションのプロファイリング」を参照してください。

Windows カウンター データを収集するには

  1. パフォーマンス エクスプローラーで、Windows カウンターを構成するセッションを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  2. [プロパティ ページ] で、[Windows カウンター] をクリックします。

  3. [Windows カウンターの収集] チェック ボックスをオンにします。

  4. [収集間隔 (ミリ秒)] ボックスに、間隔を入力します。

  5. [カウンター カテゴリ] ボックスの一覧で、カテゴリを選択します。

  6. [インスタンス] ボックスの一覧で、インスタンスを選択します。

  7. アプリケーションをプロファイルするときに使用するカウンターを選択します。

  8. [適用] をクリックします。

参照

パフォーマンス セッションの構成
パフォーマンス セッションのプロパティ
CPU カウンターと Windows カウンター