方法: プロファイリング ツールのレポート ビューでノイズ除去を設定する

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

パフォーマンス レポートは、[コール ツリー] ビューや [割り当て] ビューに表示されるデータの数を制限して、ノイズを除去するように構成できます。 ノイズ除去を行うことで、パフォーマンスの問題を発見しやすくなります。 これは、パフォーマンス レポートの分析に役立ちます。

ノイズ除去の構成オプションには、次のような設定が含まれます。

  • トリミング レポートを分析するとき、構成した値やしきい値の設定の範囲内に収まる関数を省略します。後述のトリミングの手順を参照してください。 既定で、トリミング機能は有効になっています。

  • 圧縮 圧縮機能を有効にすると、構成した設定要件を満たすパスにおける連続的な関数がマージされます。後述の圧縮の手順を参照してください。 既定で、圧縮機能は有効になっています。

パフォーマンス レポートのトリミングを構成するには

  1. 生成されたレポートの [コール ツリー] ビューまたは [割り当て] ビューを表示している状態で、[開発者] メニューの [プロファイラー] をクリックし、[不要項目の非表示オプション] をクリックします。

    [不要項目の非表示] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. トリミング機能を有効にするには、次の手順を実行します。

    1. [トリミングを有効にする] をオンにします。 これは、既定の設定です。

      注意

      ノイズ除去が有効になっていると、レポートに情報バーが表示されます。 詳細については、「コール ツリー ビュー」および「割り当てビュー」を参照してください。

    2. [値] ボックスの一覧を使用して、適切な設定を選択し、値の設定を構成します。

    3. [しきい値] ボックスに値を割合 (%) で入力し、しきい値の設定を構成します。

    4. 生成されたレポートでノイズ除去の警告を有効にするには、[不要項目の非表示オプションが有効になっている場合、生成されたレポートに警告を表示する。] を選択します。 これは、既定の設定です。

  3. トリミング機能を無効にするには、[トリミングを有効にする] をオフにします。

  4. [OK] をクリックします。

パフォーマンス レポートの圧縮を構成するには

  1. [開発者] メニューの [プロファイラー] をクリックし、[不要項目の非表示オプション] をクリックします。

    [不要項目の非表示] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. 圧縮機能を有効にするには、次の手順を実行します。

    1. [折りたたみを有効にする] をオンにします。 これは、既定の設定です。

      注意

      ノイズ除去が有効になっていると、レポートに情報バーが表示されます。 詳細については、「コール ツリー ビュー」および「割り当てビュー」を参照してください。

    2. [値] ドロップダウン リストを使用して適切な設定を選択し、値の設定を構成します。

    3. [しきい値] ボックスに値を割合 (%) で入力し、しきい値の設定を構成します。

    4. 生成されたレポートでノイズ除去の警告を有効にするには、[不要項目の非表示オプションが有効になっている場合、生成されたレポートに警告を表示する。] を選択します。 これは、既定の設定です。

  3. 圧縮機能を無効にするには、[折りたたみを有効にする] をオフにします。

  4. [OK] をクリックします。

参照

プロファイリング ツールのレポート ビューのカスタマイズ
方法 : インストルメンテーションで短い関数を除外または含める
コール ツリー ビュー
割り当てビュー