方法: コマンド プロンプトからプロファイラー比較レポートを作成するHow to: Create a Profiler Comparison Report from a Command Prompt

2 つのプロファイリング データ (.VSP または .VSPS) ファイルのパフォーマンス データを比較する Visual StudioVisual Studio プロファイリング ツール レポートを生成できます。You can generate a Visual StudioVisual Studio Profiling Tools report that compares the performance data of two profiling data (.VSP /or .VSPS) files. このレポートでは、プロファイリング セッションを比較し、その違い、パフォーマンスの低下、改善を示します。The report shows the differences, performance regressions, and improvements that occurred from one profiling session to the other. レポート内の値は、指定された最初のファイルを基準とし、差分 (変化分) を表します。The values in the report present the delta, or change, from the baseline of the first file that you specify. この差分は、古い値、基準値と、新しい分析による結果の値との違いを測定して計算されます。This delta is calculated by determining the difference between the old value, which is the baseline value, and the result value from the new analysis. プロファイラーのデータの比較は、コード内の関数、アプリケーション内のモジュール、行、命令ポインター (IP)、および種類に基づいて作成できます。Comparisons of profiler data can be based on the functions in the code, modules in the application, lines, instruction pointers (IPs), and types.

比較のカテゴリとフィールドの識別子を一覧表示するには、次のコマンド ラインを入力します。To list the identifiers of the comparison categories and fields, type the following command line:

VSPerfReport /querydifftables VspFileName1 VspFileName2VSPerfReport /querydifftables VspFileName1 VspFileName2

比較レポートを作成するには、次の構文を使用します。Use the following syntax to create the comparison report:

VSPerfReport /diff VspFileName1 VspFileName2 [/Options]VSPerfReport /diff VspFileName1 VspFileName2 [/Options]

次の表のオプションを VSPerfReport /diff コマンド ラインに追加できます。You can add options from the following table to the VSPerfReport /diff command line.

オプションOption 説明Description
DiffThreshold:[Value]DiffThreshold:[Value] このパーセンテージしきい値を下回る場合、差異を無視します。Disregard the difference if it is below this percentage threshold value. また、このしきい値を下回る新しいデータは表示されません。Also, new data with values that are below this threshold will not appear.
DiffTable: TableNameDiffTable: TableName このテーブルを使用してファイルを比較します。Use this table to compare files. 既定では、関数テーブルが使用されます。By default, the functions table is used. VSPerfReport /querydifftables の一覧にある識別子を指定します。Specify the identifier that is listed in VSPerfReport /querydifftables.
DiffColumn: ColumnNameDiffColumn: ColumnName この列を使用して値を比較します。Use this column to compare values. 既定では、排他サンプルのパーセント列が使用されます。By default, the exclusive samples percent column is used. VSPerfReport /querydifftables の一覧にある識別子を指定します。Specify the identifier that is listed in VSPerfReport /querydifftables.