方法: プロファイリング ツールのコール トレース レポートを作成するHow to: Create a Profiling Tools Call Trace Report

Visual StudioVisual Studio プロファイリング ツールのコール トレース レポートは、アプリケーションの関数に対する各エントリ ポイントと終了ポイント、および実行中の関数から他の関数に対する各呼び出しのタイミング情報を一覧表示します。The call trace report for the Visual StudioVisual Studio Profiling Tools lists timing information for each entry and exit point to your application's functions and each call to other functions by your function. コール トレース レポートをデータのプロファイリングに使用できるのは、インストルメンテーション メソッドで収集された場合だけです。Call trace reports are available for profiling data only if it was collected with the instrumentation method.

注意

コール トレース レポートを Visual StudioVisual Studio で表示することはできません。You cannot display call trace reports in Visual StudioVisual Studio. コンマ区切り値 (.csv) ファイルまたは XML ファイルを生成するには、VSPerfReport のコマンド ライン ツールを使用する必要があります。You must use the VSPerfReport command-line tool to generate a comma-separated value (.csv) or Xml file. このツールの詳細については、「VSPerfReport」を参照してください。For more information about this tool, see VSPerfReport.

コール トレース レポートを作成するにはTo create a call trace report

  1. [コマンド プロンプト] ウィンドウを開きます。Open a Command Promptine window.

  2. コマンド プロンプトに次のコマンドを入力します。At the command prompt, type the following command:

    ToolsPath VSPerfReport VSPFile /CallTrace [/Xml]ToolsPath VSPerfReport VSPFile /CallTrace [/Xml]

    ToolsPathToolsPath プロファイリング ツールのコマンド ライン ツールのパス。The path of Profiling Tools command line tools. 詳細については、「コマンド ライン ツールへのパスの指定」をご覧ください。For more information, see Specifying the Path to Command Line Tools.
    VSPFileVSPFile プロファイル データ (.vsp または .vsps) ファイル。The profiling data (.vsp or .vsps) file. 完全パスまたは部分パスで指定できます。Full and partial paths are accepted.
    XmlXml XML 形式のレポートを生成します。Generates an Xml formatted report.

参照See Also

方法: ETW (Event Tracing for Windows) データを収集する How to: Collect Event Tracing for Windows (ETW) Data
プロファイリング ツールの APIProfiling Tools APIs