方法: プロファイリング ツールの ETW レポートを作成する

Windows イベント トレーシング (ETW) レポートには、Visual Studio プロファイル ツールのパフォーマンス セッションで記録された ETW イベントが一覧表示されます。 ETW データはバイナリ (.etl) ファイルで収集されます。 このレポートの詳細については、「ETW (Event Tracing for Windows) レポート」を参照してください。

注意

Visual Studio の場合、インターフェイスに ETW レポートを表示できません。

  • Visual Studio のインターフェイスを利用して ETW データを収集する方法については、「方法: ETW (Event Tracing for Windows) データを収集する」を参照してください。

  • コマンド プロンプトから ETW データを収集する方法については、「VSPerfCmd」と「イベント」を参照してください。

    ETW レポートは VSReport/summary:etw コマンドを利用して生成します。 ETW データを含む .etl は、プロファイル データ (.vsp または .vsps) ファイルと同じディレクトリに置く必要があります。 既定では、レポートはコンマ区切り値 (.csv) ファイルとして生成されます。 詳細については、「VSPerfReport」を参照してください。

ETW レポートを生成するには

  • [コマンド プロンプト] ウィンドウで、次のコマンド ラインを入力します。

    ToolsPath VSPerfReport VSPFile /Summary:ETW [/Xml]

    ToolsPath プロファイリング ツール ユーティリティのパス。 詳細については、「コマンド ライン ツールへのパスの指定」をご覧ください。
    VSPFile プロファイル データ (.vsp または .vsps) ファイル。 完全パスまたは部分パスで指定できます。
    Xml XML で書式設定されているレポートを生成します。