方法 : インストルメンテーションで短い関数を除外または含めるHow to: Exclude or Include Short Functions from Instrumentation

既定では、プロファイリング ツールは小規模関数をインストルメンテーションから除外します。By default, the Profiling tools exclude small functions from instrumentation. 小規模関数とは、関数の呼び出しを行わない短い関数のことです。Small functions are short functions that do not make any function calls. 小規模関数を除外すると、インストルメンテーション オーバーヘッドが軽減するため、インストルメンテーションの速度が向上します。Excluding these small functions provides for less instrumentation overhead, and therefore improved instrumentation speed. また、小規模関数の除外によりパフォーマンス プロファイル データ ファイル (.vsp) のサイズが小さくなるため、分析に要する時間が短縮されます。The exclusion of small functions also reduces the performance profiling data file (.vsp) size and the time that is required for analysis. 小規模関数が除外されると、その親関数の排他時間と包括時間に対して、小規模関数に費やされる時間が除外されます。If small functions are excluded, the time that is spent in the small functions counts against the exclusive and inclusive time of their parent functions. 次に、インストルメンテーションで小規模関数を除外または含める手順について説明します。Small functions can be excluded or included in instrumentation, as described in the following procedure.

インストルメンテーションで短い関数を除外または含めるにはTo exclude or include short functions from instrumentation

  1. パフォーマンス エクスプローラーで、パフォーマンス セッションを選択します。次に、右クリックして [プロパティ] を選択します。In Performance Explorer, select Performance Session and then right-click and select Properties.

    [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスが表示されます。The Property Pages dialog box is displayed.

  2. [プロパティ ページ] で、[インストルメンテーション] プロパティをクリックします。In the Property Pages, click the Instrumentation properties.

  3. インストルメンテーションから短い関数を除外するには、[短い関数をインストルメンテーションから除外] をオンにします。To exclude short functions from instrumentation, select Exclude short functions from Instrumentation. これは、既定の設定です。This is the default setting.

    または-or-

    インストルメンテーションに短い関数を含めるには、[短い関数をインストルメンテーションから除外] をオフにします。To include short functions in instrumentation, clear Exclude short functions from Instrumentation.

  4. [OK] をクリックします。Click OK.

関連項目See Also

データ収集の制御 Controlling Data Collection
パフォーマンス セッションのプロパティPerformance Session Properties