方法: コマンド ラインからレポートをフィルター処理するHow to: Filter Reports from the Command Line

VSPerfReport コマンドのオプションを利用すると、レポートをフィルター処理し、プロファイリング データ ファイルの特定の時間区分に絞り込むか、1 つ以上のプロセスまたはスレッドに絞り込むことができます。By using options for the VSPerfReport command, you can filter reports to a specific time segment of the profiling data file or restrict the data to one or more processes or threads. このコマンドの詳細については、「VSPerfReport」を参照してください。For more information about this command, see VSPerfReport.

オプションOptions 説明Description
StartTime:[Value]StartTime:[Value] ミリ秒単位の時間 (value) よりも後に収集されたデータのみを表示します。Only show data collected after value (in milliseconds.)
EndTime:[Value]EndTime:[Value] ミリ秒単位の時間 (value) よりも前に収集されたデータのみを表示します。Only show data collected before value (in milliseconds.)
FilterFile: VSPFFileFilterFile: VSPFFile Visual Studio の [パフォーマンス レポート] ウィンドウから生成されたフィルター ファイルの場所を指定します。Specifies the location of a filter file that was generated from the Visual Studio Performance Report window.
MsFilter:[StartTime,Duration]MsFilter:[StartTime,Duration] 開始時刻 (StartTime) からミリ秒単位の時間 (Duration) 内のみのデータを表示します。Only show data from StartTime until the length of Duration (in milliseconds.)
Process:[Pid]Process:[Pid] 指定されたプロセスのデータのみを表示します。Only show data from the specified process.
Thread:[ThreadID]Thread:[ThreadID] 指定されたスレッドのデータのみを表示します。Only show data from the specified thread.
Thread:[ThreadID,ProcessID]Thread:[ThreadID,ProcessID] 指定されたプロセスに関連付けられている指定されたスレッドのデータのみを表示します。Only show data from the specified thread that is associated with the specified process.