方法: コマンド ラインを使用してプロファイラーによってスタンドアロンの .NET Framework アプリケーションを起動し、同時実行データを収集する

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

ここでは、Visual Studio プロファイリング ツールのコマンド ライン ツールを使用して、.NET Framework のスタンドアロン (クライアント) アプリケーションを起動し、プロセスおよびスレッドの同時実行データを収集する方法について説明します。

注意

プロファイリング ツールのコマンド ライン ツールは、Visual Studio インストール ディレクトリの \Team Tools\Performance Tools サブディレクトリにあります。 64 ビット コンピューター上では、64 ビット バージョンのツールと 32 ビット バージョンのツールの両方を使用できます。 プロファイラー コマンド ライン ツールを使用するには、コマンド プロンプト ウィンドウの PATH 環境変数にツールのパスを追加するか、コマンド自体にそれを追加します。 詳細については、「コマンド ライン ツールへのパスの指定」を参照してください。

プロファイラーをアプリケーションにアタッチしている間はデータ収集を一時停止し、完了後に再開できます。 プロファイル セッションを終了するには、アプリケーションへのプロファイラーのアタッチを解除し、プロファイラーを明示的に終了する必要があります。

プロファイラーによるアプリケーションの起動

プロファイラーを使用して対象の .NET Framework アプリケーションを起動するには、VSPerfClrEnv.exe を使用して、.NET Framework プロファイル変数を設定します。 次に、VSPerfCmd の \/start オプションおよび \/launch オプションを使用して、プロファイラーを初期化し、アプリケーションを起動します。 \/start\/launch、およびそれぞれのオプションは、1 つのコマンド ラインで指定できます。 また、\/globaloff オプションをコマンド ラインに追加すると、対象アプリケーションの起動時にデータ収集を一時停止できます。 次に、別のコマンド ラインで \/globalon を使用して、データ収集を開始できます。

プロファイラーを使用してアプリケーションを起動するには

  1. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

  2. プロファイラーを起動します。 Type:

    VSPerfCmd \/start:concurrency[,{ResourceOnly|ThreadOnly}] \/output:OutputFile [Options]

    • \/start オプションによってプロファイラーが初期化されます。

      \/start:concurrency リソース競合データとスレッド実行データの両方の収集を有効にします。
      \/start:concurrency,resourceonly リソース競合データの収集のみを有効にします。
      \/start:concurrency,threadonly スレッド実行データの収集のみを有効にします。
    • \/start を使用する場合は \/output:OutputFile オプションを指定する必要があります。 OutputFile には、プロファイル データ (.vsp) ファイルの名前と場所を指定します。

      \/start:concurrency オプションを使用する場合は、次のうちいずれかのオプションを指定できます。

    オプション 説明
    \/user :[domain\]username プロファイラーへのアクセスを許可するアカウントのオプションのドメインとユーザー名を指定します。
    \/crosssession 他のログオン セッションにおけるプロセスのプロファイリングを有効にします。
    \/wincounter : WinCounterPath プロファイリング実行中に収集する Windows パフォーマンス カウンターを指定します。
    \/automark : Interval \/wincounter と共にのみ使用します。 Windows パフォーマンス カウンター コレクション イベントの間隔をミリ秒単位で指定します。 既定値は 500 ミリ秒です。
    \/events : Config プロファイリング実行中に収集する ETW (Event Tracing for Windows) イベントを指定します。 ETW イベントは独立した (.etl) ファイルに収集されます。
  3. 対象アプリケーションを起動します。 Type:

    VSPerfCmd \/launch : AppName [Options] [Sample Event]

    \/launch オプションを使用する場合は、次のうちいずれかのオプションを指定できます。

    オプション 説明
    \/args : Arguments 対象アプリケーションへ渡されるコマンド ライン引数を格納する文字列を指定します。
    \/console 対象のコマンド ライン アプリケーションを別のウィンドウで起動でします。
    \/targetclr : Version アプリケーションに複数バージョンのランタイムが読み込まれている場合に、プロファイリングを行う共通言語ランタイム (CLR: Common Language Runtime) のバージョンを指定します。

データ収集の制御

対象アプリケーションの実行中は、VSPerfCmd.exe のオプションを使用してファイルへのデータ書き込みを開始および停止することにより、データ収集を制御できます。 データ収集を制御することにより、アプリケーションの起動や終了など、プログラム実行の特定の部分についてのデータ収集を行うことができます。

データ収集を開始および停止するには

  1. 次の VSPerfCmd.exe オプションの組み合わせにより、データ収集を開始および停止します。 個別のコマンド ラインで各オプションを指定します。 データ収集のオンとオフは複数回切り替えることができます。

    オプション 説明
    \/globalon \/globaloff すべてのプロセスのデータ収集を開始 (\/globalon) または停止 (\/globaloff) します。
    \/processon : PID \/processoff:PID プロセス ID (PID) で指定されたプロセスのデータ収集を開始 (\/processon) または停止 (\/processoff) します。
    \/attach :{PID|ProcName} \/detach[:{PID|ProcName}] \/attach は、プロセス ID (PID) またはプロセス名 (ProcName) で指定したプロセスのデータ収集を開始します。 \/detach は、指定されたプロセスのデータ収集を停止します。特定のプロセスが指定されていない場合は、すべてのプロセスのデータ収集を停止します。

プロファイル セッションの終了

プロファイル セッションを終了するには、プロファイラーがデータ収集を停止している必要があります。 同時実行データの収集を停止するには VSPerfCmd \/detach オプションを呼び出して、プロファイリング対象のアプリケーションを終了する必要があります。 次に、VSPerfCmd \/shutdown オプションを呼び出して、プロファイラーをオフにし、プロファイル データ ファイルを閉じます。 VSPerfClrEnv \/off コマンドで、プロファイル環境変数を消去します。

プロファイル セッションを終了するには

  1. 対象アプリケーションからプロファイラーをデタッチするには、次のいずれかの操作を行います。

    • 対象アプリケーションを終了します。

      または

    • VSPerfCmd \/detach」と入力します。

  2. プロファイラーをシャットダウンします。

    VSPerfCmd \/shutdown

参照

同時実行データの収集